fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

西上州 兜岩山~荒船山山行 

【山域】西上州 【山行日】11月2(日)【天候】晴れ
【メンバー】CL柘植(記)、SL石橋、菅井

【内容】石橋さんも菅井さんも荒船山に登ったことがないとのことなので、ややマイナーな兜岩山を加えた周遊ハイクを計画した。兜岩山はルートは星尾峠方向からピストンするしかなさそうだが、それではつまらないので、内山峠に駐車(8:00ごろ)、内山大橋まで旧道を下り、兜岩山にむかって右手の林道をすすみ、適当なところから沢をつめて田口峠からの稜線に出る。天気もよく、味わい深い稜線の風情がすばらしい。兜岩山への道は以外と長かったが、普段見ない方向からの西上州の山々の景色が歩行を飽きさせない。兜岩山近くになるとこれから目指す荒船山が巨大航空母艦のように眼前に展開してくる。兜岩山自体は山頂からの展望がないが、近くの露岩に行くと西~北~東の180度の展望が広がる。まじかに八ヶ岳、遥か遠くには槍穂稜線から後立山連峰までクッキリ。もちろん浅間山も噴煙をたなびかせて大きく高い。兜岩山から分岐へ戻り、星尾峠方面に向かう。ここには親・子・孫のローソク岩なる岩峰が3つそびえている。一つくらい登れるかと思ったが、あまりそういう雰囲気ではなく、みな巻いてしまった。ここを過ぎるとあとは荒船山までのノンビリハイク。だんだん人が多くなり、京塚山やトモ岩山頂はとてもにぎやかだった。もう14時を過ぎ、そろそろ陽も傾きはじめたという感じのおだやかな道をトモ岩の絶壁に目を奪われながら駐車地点の内山峠まで戻る。(15時ごろ着)
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top