FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

火打山と妙高山山行 

加藤です。快晴の2日間、錦秋の火打山~妙高山に行きましたので報告します。

【山域】火打山と妙高山
【ルート】10/18  笹ヶ峰~高谷池ヒュッテ~火打山~高谷池ヒュッテ(泊)
10/19  高谷池ヒュッテ~黒沢池~妙高山~杉ノ沢スキー場~いもり池
【参加者】 CL長池、鶴田、東郷、加藤

【内容】10/18 道の駅しなので仮眠後、池ノ平温泉近くのいもり池湖畔ビジターセンターに駐車する。
バスで笹ヶ峰へ向かうが1300m付近の紅葉は素晴らしい。笹ヶ峰登山口から入山する。黒沢で
水を補給し、三田原山の斜面を見ながら十二曲りを経て三角形の高谷池ヒュッテで荷を解く。
紅葉は散った後であったが高谷池、天狗ノ庭のナナカマドの赤い実を愛でながら、火打山に向かう。
頂上では雲が多かったが、北アルプス、焼山を俯瞰し、焼山の奥には雨飾山も臨めた。帰りは
池塘に逆さに映る火打山を鑑賞し、素泊まり4000円完全予約制の高谷池ヒュッテに宿泊する。
鍋、食器、グラス、包丁、お玉が備え付けられていて、自炊室も広い。寝室も1人1組の寝具が
提供され快適である。夜満天の星空を見上げて星座同定に励む。

10/19 霜で白くなった高谷池に別れを告げ、黒沢池方面に進む。黒沢池で休憩していた登山者
に小屋番が怒鳴っていた。長助池を俯瞰し、妙高山への急登のあと雄大な景色が待っていた。
北アルプス全山、東側には苗場山など上信越の山々、日本海、富士山までの大展望を満喫した。
南側のピークでコーヒーを頂く。暫し至福の時に浸る。下山は少し岩場もあったが地獄谷の噴煙を
仰ぎながらどんどん下る。大谷ヒュッテからは下山したのも同然とばかりに林道を下ったが、どうも
変だ。あるはずの道が崩壊?しており、南方向の杉ノ原の方向に進んでいる。ゲレンデを突っ切って、
ハイキング道を辿っていもり池へ戻った。
帰路は「ランドマーク妙高」で一風呂浴びて帰葉した。


スポンサーサイト



△page top

« 笛吹川支流東沢・釜ノ沢遡行◆写真
伊勢沢沢登り »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/361-8c90853f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top