FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

上高地~天狗原・涸沢ハイキング、トレイルラン◆写真 

【山域  】北アルプス
【ルート 】上高地~天狗原~横尾~涸沢~上高地
【登山方法】ハイキング、トレイルラン
【メンバー】住田(単独)
【山行日 】10/13(晴)~10/14(曇り後雪雨)
【行程  】
13日: 30.6Km  標高差 1500→3000→1600m
 上高地(6:10)~横尾(7:20-:40)~槍沢(8:25-:45)~天狗原分岐(10:00)
 ~天狗池(10:30-11:00)~南・中岳分岐手前(12:05-:20)~横尾(15:50)
14日: 24.8Km  標高差 1600→2500→1500m
 横尾(6:20)~涸沢(7:45)~ザイテン手前~涸沢(9:30)~パノラマ新道
 ~上高地(13:20)

【内容  】
念願の天狗池の逆さ槍、紅葉の涸沢、トレイルラン(一部区間)を堪能してきました。

13日: 今回どこまで荷物を軽量化できるか試してみた。11リットルのトレイルランザックでは防寒着、着替え、食糧等を詰めるとさすがに一杯になり、ハイドレーションをあきらめ、レインウェア、ペットボトル3本、デジカメ等は外ポケットに溢れたが、たぶん6Kg程度と相当軽くできた。
穂高連峰を仰ぎ見ながら横尾までトレイルラン、槍沢ロッジからはデジカメ・登山歩行モードに切り替えた。快晴で槍沢から山岳・モレーンの紅葉と青空のハーモニーが素晴ら~しくため息が出る。運よく天狗池の逆さ槍に出会え、しばらくその場に釘付けになった。予定より時間余裕があり南岳を目指したが、標高2500mを越えると息がきつくペースが落ち、稜線分岐の手前で引き返し、何とか明るいうちに横尾まで下り、横尾山荘に泊まった。

14日: 所々トレイルランを入れて涸沢を目指した。本谷橋から下山する登山者が増えたが、道を譲ってもらいガンバレとか声をかけられるとつい嬉しくなり、ハイな気分になる(心拍数もハイに)。
涸沢の紅葉ピークは今年は10/10頃で少しピークを過ぎ、また曇り空になったが、それでも穂高連峰と涸沢の紅葉の組み合わせは素晴らしく、心が洗われる。寒くなりレインウェアを着てザイテンの手前あたりまで散策し、パノラマコースで下山を開始した。このコースからの展望も見ごたえがある。
今回軽量のトレイルランシューズで、けり足の甲や側面を岩等にぶつけ痛~い思いを時々したが、沢用ソックスに履き替えると見違えるように安定し楽になった。

屏風岩が見えたあたりで小雪が舞い始めたかと思うと、稜線上で横から吹き付ける風と雪が強くなった。高度が下がり大粒の雨に変わり、梓川に出てやっと小雨になったが、雪雨に打たれヘロ~ヘト~で河童橋にたどり着いた。ガスの切れ間から3時間で冠雪した見事な穂高連峰にも出会えた。トレイルランスタイルの浮いた井出達の輩にはついに出えなかったが、来年は表銀座から南岳までチャレンジしたい!!


とりあえず写真をアップしました。

スポンサーサイト



△page top

« 日光男体山
谷川 鷹ノ巣沢 C沢 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/354-7eb48ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top