FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

黒檜沢(集中山行)沢登り 

うわしげです。集中山行石橋リーダーありがとうございました。
黒檜沢の報告です。

【山域】桧枝岐 三岩岳 黒檜沢左俣 【日時、天気】10月4日晴れ
【メンバー) CL上茂 渡邉三 池田 澤田 吉川 花島
【時間】 小豆温泉駐車場6:30すぐ入渓~登山道交差~奥の二俣10:50~3段滝高巻き12:00~終了13:00~薮漕ぎ14:20~登山道15:45~駐車場18:30
 
駐車場から道路を渡り、橋のところから入る。古い角材橋と虎ロープを使い入渓。しばらくは小滝とナメの綺麗な渓相だが、下見の方々に指摘していただいたように岩がぬるぬるである。
登山道が交差する手前の滝群はちょっと近づけなさそうなので高巻き、三岩岳の登山道にでる。
ここからはしばらく倒木とゴーロ帯が続き飽きる。汗ばみながらまあまあのペースで奥の二俣到着。
下見では右俣を詰めたが、秋晴れの好天気で朝の冷え込みがうそのような暖かさであり、計画通り左俣薮漕ぎコースに突入。出合からいきなり4段30m滝が立ちふさがる。そのあとも滝が連続、目の前が開けた先には7メートル×3段滝が遠望できた。深く切れ込んでいるので記録の通り右斜面を大きく高巻く。岩がけっこう脆く荒れ気味、念のためロープ30mと20mつなげてフィックス。登りきったら滝方向目指してトラバース気味に薮を分け入り、滝上段に降り立つ。

このあともしばらく滝を越えて行き、遡行図の岩峰を確認し、慎重に詰めに入る。
最初の薮にはアザミが群生し、痛いのなんの、そして背丈以上ある笹薮に変わる。なるべく北よりに右方向に行くのがベストなのだが、掻き分けやすい方向に行ってしまう。なんとも力のいる作業だ。
ようやく抜けると祠が祭られている岩峰に出る。多分三つ岩と書いてある尾根の下か。
顕著な踏み跡を辿ると湿原に出、見晴らしもいいので一休み。登山道はすぐそこにあると望み、最後の笹薮に突撃。まだかまだかと少々焦り気味の私をようやく登山道が出迎えてくれた。下山途中でライトを灯し、なんとも長い一日でした。
スポンサーサイト



△page top

« 荒沢岳山行◆写真
下の沢(集中山行)沢登り◆写真 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/351-840a2c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top