FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

北ア/赤木沢 

【ルート】折立~高天原~赤木沢~双六岳~新穂高温泉 
【登山方法】縦走、沢登り 【天候】おおむね晴れ
【山行日】8/9(土)~11(月)
【メンバー】CL平野 他会員外10名
【記録】8/9 折立7:30→太郎平9:40→薬師沢小屋11:30→雲ノ
平13:00→高天原15:00
8/10 高天原4:00→薬師沢小屋6:50 薬師沢入渓7:20→赤木沢
出合8:20→稜線縦走路12:00→黒部五郎岳13:00→三俣山荘15:30
8/11
三俣山荘4:30→三俣蓮華岳5:20→双六岳6:00→双六小屋7:00
→鏡平小屋10:00→新穂高温泉12:40
【内容】毎年恒例の遊び仲間合宿で、今年は高天原温泉がメイ
ンテーマだった。前夜竹橋より夜行バスにて有峰口へ、富山在
住組と合流後折立へ。登山口はお盆の走りでかなりの混雑。ス
タート当初は先行パーティを抜くのに苦労するが、次第に人も
少なくなり道も開けて快適にペースを上げる。天気は快晴、太
郎平で前日より入山している他3パーティと交信、水晶・鷲羽
組、祖父沢遡行組とも順調、薬師沢釣り組もたぶんOK。20分ほ
ど景色を楽しむが、9時半過ぎには稜線より怪しい雲が湧き上
がる。急いで薬師沢を通過しアラスカ庭園に出る頃には雷が鳴
り、小雨がパラつく。雷の間を縫うように隠れたり匍匐前進し
たりして、雲ノ平山荘へ、30分ほど雨宿り。どうやら雷雲が去
ったので13時過ぎより行動再開。その後は再びお天気の中、順
調に高天原に到着する。途中所々アラレの吹き溜まりを見かけ
たが、水晶・鷲羽組は雹と雷雲に尾根上でつかまり、一時ツェ
ルトビーバークで大変な目にあったらしい。こちらは小屋で購
入したビール片手に1時間以上のんびり温泉に浸かる。至福の
ひと時を満喫した。温泉に行く道すがら、長池さんに出会い再
会を喜ぶ。混浴をお誘いしたがお断りされた。小屋は布団1枚
に1人のスペース。空いていてラッキー。前日は1枚に2人の混
雑だったらしい。
10日、いよいよハイライトの赤木沢遡行日。暗い内に小屋を出
発し、予定通り薬師沢到着、ラーメンで腹ごしらえの後入渓。
薬師沢は腿下くらいの所もあるがロープを出すまでもなく順調
に遡行。すぐに美しいトロ場がある赤木沢出合に到着。赤木沢
は東~南に開けた明るい沢で名前の通り赤みを帯びた岩とエメ
ラルドグリーンの水が美しい。私好みのナメと小滝が連続して
どこをとってもカレンダー(?)の様に美しい。時々釜で泳い
だり、シャワークライムを楽しみながら大滝以外全ての滝をロ
ープなしで遡行(簡単)。本隊は左俣をルートに取り、最後は
カールのお花畑の中を中俣乗越につきあげる。本流遡行中は他
パーティはいなかったが、源頭部で当日下山の右俣組、継続縦
走の左俣組とも先行パーティを追い越した。本隊7名は縦走路
をつなぎ、15時過ぎに三俣山荘着。この日は7名で布団5枚スペ
ースであったが、一部屋二段の下半分を占領出来た為、快適に
過ごせた。
11日、本日は縦走のみ。当初笠ヶ岳経由下山の予定だったが、
一部メンバーの疲労を考慮して鏡平経由で下る事にした。この
日も良い天気。双六小屋から早くも生ビールモードに突入する
。鏡平、わさび沢小屋とビール休憩をとりながらのんびり下山
。新穂高温泉無料の湯で汗を流して平湯15時30分の高速バスで
再び長池さんと出会い、帰路についた。
ちなみに双六小屋で休憩中、トランスジャパンアルプスレース
中の友人に出会う。彼は前夜0時に日本海白萩川河口をスター
トして7日以内に日本アルプス3つをつないで太平洋へ駆け抜
ける試練中だった。まだスタート後7時間しかたっていないが
3位の好位置につけている。がんばれよー!
以上長文失礼しました
スポンサーサイト



△page top

« 北ア/笠ヶ岳、鷲羽岳
中央アルプス »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/327-47d3318a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top