FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

栂海新道 

7/26 列車で途中直江津ノスーパーで食料を買い、親不知駅に着く。近くの道の
駅「ピアパーク」の海の家を見つけ、無料の宿とする。

27日 登り口まで約1時間かなり長い。登り口には門状の大きな案内板がある。
5:30いきなり急な登りが始まる。朝早いにもかかわらずかなり暑い。暑さと、荷
物の重さのせいか、40分も歩くと限界。10分ほど体を冷やし再出発を繰り返した
ため、かなり時間がかかる。9:10尻高山、10:00和田峠、金時坂を下った所の
式割りの水はうまかった。ここで水を補給し頑張って出発。12時過ぎから雲行き
が怪しい。遠くで雷。雨も時々ぱらぱら14:00白鳥小屋着。時間と天気を見てこ
の日はここまでとする。小屋到着後40分ほど立って豪雨と共に雷が直撃。直線状
の縦の光と共に「バキ」という音。これが何度か繰り返す。しばらくして全身濡
れた登山者が避難してきた。雷の時、低い地面に腹ばいになっていたと言うこと
だ。早めに小屋に避難していて本当に良かった。山行管理にメールを送る。

28日 朝から雷 時折大粒の雨 天気待ち 雷鳴が遠いのを確認し 小雨になったの
で5:30出発 時々頭上で雷。同じようなピークをいくつか越えているうちに雷も
止む。9時栂海小屋 ラーメンを食べたら10時近い 先の小屋には少し遅い 仕方な
く栂海小屋に泊まることにした。薄日もさしてきたので濡れた衣類や雨具を広げ
乾かす。山行管理にメールを送る。

29日 予報に反して夜半からかなり激しい雨。朝になり少し小降りになる。小雨
の中5:30出発。8:00黒岩山。雨もほぼ上がる。今年は残雪が多く。黒岩平では
解けたばかりの湿地に咲く水芭蕉が見事だ。しかし登山道はまるで池の様な状態。
ここから先は、見事なお花畑の連続。良く晴れた条件の良い時に歩きたかった。
朝日岳の近くになってようやくれ雨がやんだが霧状態。14:30頃小屋に到着。

30日 1日日程が伸びたため、予定を変更し蓮華温泉に30日下山する事にした。
 これまでとはうってかわりすばらしい天気だ。朝日岳の高山植物がすばらしい。
頂上からの眺めも抜群である。蛇紋岩地帯では「アサツキ」や「ウスユキソウ」
等が目立つ。かなり下ると「ワタスゲ」の群落もあった。やがて樹林帯を下ると
日高地沢に出るが、以前の橋が流され大きく上流に迂回するコースになっていた。
 蓮華温泉には300mもの登り返しがあるた。くたびれてきた足にはかなりきつい。

31日朝 蓮華温泉の露天風呂を巡り、宿の朝食を取って帰りのバスに乗る。
  青春18を利用。松本で昼食。18:25千葉に着く。
スポンサーサイト

△page top

« チンネ左稜線
奥穂~西穂 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/322-92ade56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top