FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

6/24 唐松谷 

【山域】日原川(雲取山)
【場所】唐松谷
【日時】2006年6月24日(土)
【コース】八丁橋(駐車場8:35)-冨田新道下降点(9:45)-唐松谷入渓点(9:55~10:20)-野陣の滝(11:00)ー大滝下(休み12:15~35)-大滝巻き終わり(12:50)-イモリ谷出合(13:20)-赤石窪出合(14:10)ー終了点(14:40~15:00)-唐松谷林道下山・唐松橋(15:50)-林道に戻る(休み16:00~16:15)ー八丁橋(駐車場17:00)
【メンバー】池田(CL)石橋、小俣(記)
【天気】曇り

 八丁橋ゲートまえにある駐車スペースに車を置き、長い日原林道の歩きに入る。5分ほどで林道の大崩落した所を通過。修復には、かなりかかりそうである。
 富田新道を下りつくと、吊橋の唐松橋がかかる。正面より唐松谷、左にマミ谷が日原川に注ぎこむ。うっそうとした谷は、奥多摩というより奥秩父といったほうが似合っている。出合の3mCSの滝の上から入渓。豊富な水量と苔むした大石を縫って遡行を開始。最初の4mの滝をこえると野陣の滝である。ガイドでは左岸からの大高巻きとあるが、下段上部に残置シュリンゲがあり、登られている様子。池田さんの果敢なリードにて難しそうに見えた下段をのぼりきり、上段も難なくのぼる。水量たっぷりの滝lからの飛沫で濡れるとかなり寒い。しばらく大石歩きをすると、大滝が現れる。大釜にドウドウと水を落とす幅広の立派な大滝である。眺めながら昼食タイムとする。ここは左岸から高巻くこととする。滝上部の側壁も岩壁のため、樹林のなかの最低鞍部を目指して登る。すると登山道に出てしまったが、すぐ上流より下降。尾根状のところを下っていくと懸垂することもなく谷に下りれた。ヤライ窪を過ぎると、3段8mの滝につく。右岸を小さく巻くとあったが、巻き終わりは岩の上にて、ルンゼ状の凹角部を下ることとなる。4mほどだが嫌らしいので懸垂下降を・u桙キる。下降点につくと、突端の岩から細引きが2本!!!なんとナント釣屋さんの残置物らしい。しかしこんな細い紐で・・・・釣屋さんの大胆さに驚く。ほぼ同水量のイモリ谷を左に分け、遡行を続ける。赤石窪を分けるあたりより大石も減り、おだやかな渓相となってくる。ついには右手に登山道がみえ、河原の横が道になった地点で遡行終了とする。
 美しい苔に被われた水の豊かな谷・釣師もやってくる魚影の濃い谷。(池田さんには釣具持参でなく、残念なことでした。下山後先行者ありと判る。かなりのイワナをゲットされた様子。)
スポンサーサイト



△page top

« 6/24 南秋川・軍刀利沢
6/20、21 富士山トレーニング »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/32-ca586a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top