FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

県連救助隊訓練 

7月5-6日救助隊訓練の報告 

場所:君津市清和県民の森 参加者:横山 田村 白井 広木 上茂 他8名

7月5日21:10頃千葉県清和県民の森のハイキングコースにて、単独行の男性が遭難したということで、救助隊の出動命令を受ける。横山隊長から電話連絡、ちば山の隊員田村さんの車で広木さん~上茂を拾い0時前に集合場所(県民の森駐車場)に到着。
6日朝全ての隊員が集合、7時に登山口に移動、持ち物の確認後2班に分かれて捜索開始。こちらの班は、横山隊長、かがり火の平井さん、白井さん、広木さん、上茂、本部に田村さん。コールをしながらの捜索、順序よく呼びかけていたが、ある程度の間隔をおかないと遭難者の返事が聞こえないので、呼びかけ者と聞く人間とに分けた。千葉の山中も鬱蒼としており痩せ尾根で、滑り落ちると薮に阻まれてしまうようだ。というところに、弱弱しい遭難者らしき声を確認。地形図での緯度経度を無線で連絡、その間平井さんが降りられそうなところから声のもとへ行くが人が見当たらず、目を凝らして薮の中を覗き込むとザックらしきものが見えたのでとにかくけが人のもとへと使命感のような感じで、急なところを立ち木で支点をとり、上で操作しながらの懸垂下降で下りる。発見の声を聞いてから続いて私が下り、遭難者と出合う。怪我は足首の骨折ということになっている。応急処置に入るが、平井さんの素早い判断で固定用に小枝がすでに用意されている。靴のまま小枝が当たっても痛くないようにタオルを巻き、枝をあてがいテーピングで巻き、三角巾で包みその上からまw)€「織董璽團鵐阿粘・い拭H羈單エ砲笋・兵侈未両紊・蘓・床爾蠅突茲董△修海念紊穏邏箸貌・襦・泙困牢・Ⅹ紊下亜△韻・佑・・臼㍉メインロープで確保、手元で3分の1をセット、8~9㍉で補助をフィックス、両脇に介護者、一方がロープを引き上げ操作、もう一人はけが人の補助。私は下から見ていたのだが、怪我人は立ったまま引っ張られ、本当に怪我などしていたらとても無理な体勢に感じた。補助者も足元が不安定なのでうまくサポートできず、最初は確保もしていなかったので見ていてハラハラした。補助ロープが1本だったので、補助者側にも1本張るべきだった。次に上で引き上げる方法。
いつものように上で3分の1システムを作り、下ではけが人をグレゴリーザックで背負い
上からの操作にゆだねる。これは怪我人には優しい。が背負っている人は非常に苦痛、ハーネスにつけられたロープ1本で引き上げられ、背負われている人の重みで後ろに引っ張られる。また、クライミング用のロープなので伸びが出る。さば折状態で腕の付け根が圧迫され血が通わなくなる状態に陥るようだ。
引き上げ訓練が終わったところで、横山さんのセルフレスキュー講習を始める。ビエンテによる引き上げ、ガルダーヒッチよりもロックの解除が容易であること、次にセカンドを確保するとき、ATCによる支点ビレーでのカラビナの使用法など今までの反復講習を行い、最後にヘリレスキューについて、いろいろな知識を教えていただいたが、覚えきれない。
風向きが大事であること、引き上げに必要なスペースの確認等行い終了。反省会。
今回は人数が少なかったようだが、やるべきことを実感でき全体の流れなどもイメージできた。より実践的な綿密な下準備など大変だったと思います。遭難者発見の時は、事前に想定していたことなど聞きもしないで先走ってしまい、危なかった。そして班の持ち物のチェックをしなかったので、共同の救急箱があったのに使わなかった。個人で動いているわけではないので、チームとしての意識が欠けていたような気がした。しかしそういう一つ一つのチェックを田村さんが漏らさずしていたので、反省点がよく見え次に役立つと思います。自分としても、何か役立つことがあればといっても限られていると思うので、出来る範囲で手を差し伸べられればと思う。
スポンサーサイト

△page top

« ペルーアンデス ウラス峰(5495m) トクララフ峰(6034m)
丹沢・葛葉川本谷 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/315-a9e59877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top