FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

飯豊連峰 

三代川です、遅くなりましたが山行報告です。
今回は、単独にて花を見ながらのんびりとした山行を目的とした。
ニッコウキスゲの一番・花が満開で、なんともすばらしい景色でした。

【山域】飯豊連峰 【ルート】大日杉―飯豊本山―梅花皮岳―地神岳
【登山方法】縦走【山行日】7月19・20・21日【天候】晴れ・曇り・雨・曇り
【メンバー】三代川
19日・大日杉小屋5:30=地蔵岳8:30=種蒔山12:00=飯豊本山小屋14:30
20日・飯豊本山小屋5:30=飯豊本山6:00=御西岳7:30=大日岳8:30=御西岳9:45=烏帽子岳12:45=梅花皮岳14:15=門内岳15:40=門内小屋16:00
21日門内小屋6:00=地神山7:30=飯豊山荘11:00
 
  2003年7月号の岳人に本物志向の縦走屋さんにお薦めなのが飯豊連峰全山縦走。
登り応え・お花畑・雪渓・展望・山のスケール、東北随一の掛け値なしのフルコースとの、記事にあこがれて計画をした。

19日5:30大日杉小屋にて、準備をすませ出発する。気温が高く汗が止まらない。水の確保が大切になってくる。地蔵岳には、なんとく到着・御坪にて融雪水にて水を確保する一安心する。すると早くも雪渓がでてくる。アイゼンは必要ない、登り終えるとニッコウキスゲが歓迎してくれた。切合小屋を無視して、飯豊本山をめざす。本山の急登にてバテル。
今日は、計画書通りここまでとする。ツエルトを張る。今年は、雪が多く水場は、水がでない為、飯豊本山・直下の雪渓まで水を汲みに行く。小屋のトイレは新設している。テンバ代を払いに行くと、500円とトイレを使用するときは、100円をお願いしますと言われた。
神社は、今年は開設しないそうだ。

20日5:30飯豊本山に向けて出発する。本山を越えると、素晴らしいニッコウキスゲのお花畑が広がっていた。大日岳とニッコウキスゲが最高である。
御西岳に到着してザックをおいて、大日岳に登るが霧から雨に降られる。大日岳の頂上では、ガスが掛かりなにも見えない。御西岳にもどる途中にて、雪渓の融雪水にて水を確保する。梅花皮岳までは、雪渓を歩いたり、夏道を歩いたりの繰り返しである。アイゼンは必要ない。ようやく梅花皮小屋に到着する。ここで、幕営したいとこであるが、あとひとふんばりする。門内岳に向け再出発する。すると、またもや素晴らしいお花畑がでてくる。
この世も物とは、思えないほど綺麗である。多分・これが天国だろうと思う。

21日6:00 門内小屋を出発する。ガスが掛かり視界が利かない、予定通り地神山を下る、途中・ガスで前が見えず岩を熊と間違え焦ってしまった。11:00飯豊山荘に到着して終了となる。
スポンサーサイト

△page top

« 穂高岳◆写真
飯豊/内の倉川支流七滝沢◆写真 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/311-3a56f91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top