FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

安達太良・杉田川 

柘植です。日曜に行った安達太良山の沢登りの報告です。
【山域】安達太良山【ルート】杉田川【登山方法】沢登り【山行日】6月8日(日)
【メンバー】CL柘植・SL石橋・石井・加藤
【記録】駐車場8:00→遠藤ヶ滝上の入渓地点8:45→杉田川遡行終了地点13:20
    →仙女平14:30→15:50安達太良温泉
【内容】
杉田川は安達太良山から南へ流れる川で、日本百名渓の一つに数えられている。前夜福島へ向かうときは雨がぱらつくあいにくの天候だったが、朝起きると晴れで絶好の沢日和。思わずヤッター!と叫んでしまう。NETの記録では杉田川は癒し系の沢として紹介されることが多い。実際美しいナメや深い釜、適度な間隔で現れる登れる滝(だいたい2~3級程度)、豊かな緑・・・・と気持ちをゆったりさせてくれる要素がこの川にはつまっていると思う。観光のビューポイントであり、またご神体でもある遠藤ヶ滝から入渓し、前半の長いナメが終わるとかたちの整った5m前後の滝が続く。どれもそんなに難しくないが、水量が多く、また今シーズン初沢の人もいるので、安全重視で確保しながら進む。地図上の最も傾斜の強い部分の滝群を越えると、その後は小さいながらも深い釜を持った滝が続く。当初は泳ぎながら楽しく登ろう!とか思っていたが、やっぱりまだ水も冷たいので、水泳は梅雨明け後のお楽しみとする。休憩していると、それまで気付かなかった春蝉の鳴き声が初夏を感じさせてくれる。杉田川から抜け出るのはちょっとやっかいだ。最後(安達太良山)まで頑張るか、それがいやなら途中から廃道を見つけて仙女平まで行くかのどちらかだ。我々は廃道コースを選んだのだが、これが正真正銘、全国どこに出しても恥ずかしくない立派な廃道。途中で何度も見失い、手分けして探すがそれでもみつからず、適当に歩いているとまたどこからともなく合流ということを何度も繰り返して仙女平へ出た。一時はどうなるかと思ったというのが全員の正直な感想。ここからの安達太良連峰はたおやかな峰をつらね、廃道から脱出できた安堵感もあってまったりしてしまう。杉田川の流域は秋も紅葉がとてもきれいとのこと、またいつか今度は紅葉の季節に来てみたいと思う。
スポンサーサイト

△page top

« 富士山・吉田大沢
秩父大血川支流・石楠花沢右俣遡行~左俣下降 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/293-0e357dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top