FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

富士山・山スキー 

長池です。富士山スキー報告です。
【日時】2008年6月6日 【山域・場所】富士山須走り口
【参加加者】長池単独 【天候】晴れ
【行程】2:30千葉→5:00須走口5:30発→11:45、3570m→13:40須走口→伊豆稲取
【記録】
・気温 駐車場8℃。 
・天候 御殿場intでは篠突く雨、ダメかと思ったが五合に至ると雲海の上は快晴。
    風は弱風、時折耐風姿勢。
・積雪 五合駐車場から45分ブル道を歩く、2350mから雪が出てくるが2500m以下
    は小石が散在しスキーは使えない。ブルが吉田口の中腹小屋まで除雪を
    行っており雪渓の中間を横切っているため、山側が2mほどの雪壁になっ
    ている。この雪壁を登るのにスキーをスコップ代わりに使って道を作り乗
    り越える。
    気温が上がりルート全体、ブーツの踵が埋まるくらいの軟雪である。
・登高 今日は絶対にジグは切らない、最後まで直登を貫く。同窓会に出席するの
    で12時には滑降開始と決めて出発。結局3570mでタイムアップ。山頂は目
    の前だがここで折り返す。こういった余韻を残すのもいいか!
・滑降 終始快適とは言いにくい軟雪ザラメだが、このどでかい雪面を独り占めだ。
    登りのまっすぐな靴跡の横に、板のシュプールが並んで幾何模様を刻む。
    下から眺めて悦に入る。アホなスキー野郎の自己満足だ。
・下山 2500m以下は板を担いで火山灰に覆われた雪面を下る。ブル道は奇麗に
    整地されてフカフカである。そこをドカドカと靴跡を付けるのが申し訳
    ないようだ。
※幻の滝:観光で訪れたお客さんにその滝は何処かと聞かれる。知らなかったが
     5/17に登った沢なのだ。その時は雪に埋もれていたが、今は滝になって
     いるらしい。いくつかあると聞いた。雪解けだけの短い命である。
※鹿たち:早朝に食事に出るのだろうか、須走り口の林道は鹿たちが闊歩する。
     車の前に何度も飛び出すのでヒヤっとすることもある。
スポンサーサイト

△page top

« 秩父大血川支流・石楠花沢右俣遡行~左俣下降
御正体山 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/292-382064a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top