FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

奥多摩・障子岩窪 

柘植です。日曜日帰り沢登りの報告です。
【日時】08年4月27日(日) 【場所】奥多摩:障子岩窪
【参加者】柘植、石井 【天候】曇り
【行程】大岳鍾乳洞入口バス停10:00→林道終点(入渓地点)11:05→(障子岩窪遡行)馬頭刈尾根14:30→16:40茅倉バス停
【記録】 障子岩窪は奥多摩つづら岩北面の沢で、入渓地点が500m、稜線が1000mちょっとなので、標高差わずか500mの小沢。大岳林道終点で身支度して出発するとすぐ鈴ヶ尾沢との分岐で、左が本日目標の障子岩窪だ。標高800mくらいまではガレたヤブ沢で救いようがない感じだが、そこから稜線直下までが急峻な岩溝で気の許せない登攀が続く。遡行図には5~8mくらいの滝がいくつも連続して書かれているが、ほとんど境目など分からず、ひたすら攀じ登っていく感じ。すぐ上がつづら岩なので、その根張りの岩が露出しているのだろうか?ハーケン1本使用、30mロープ4ピッチで核心部を抜けると、あとは薄いやぶこぎわずかで稜線の登山道にとび出た。時間があったらつづら岩で少し遊んでいこうかとも思っていたが、そんな時間も気力も残っていなかったので、馬頭刈山方面へ縦走し、途中から茅倉に下山した。山の斜面には山桜とミツバツツジが美しく、結構疲れた心身を癒してくれた。
スポンサーサイト



△page top

« 奥多摩峰谷川 坊主谷
至仏山・ムジナ沢 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/271-9fce803d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top