FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

裏妙義・星穴岳、西上州・タカノス岩◆写真 

【山域】裏妙義/西上州 
【ルート】星穴岳/タカノス岩
【登山方法】藪岩稜 
【メンバー】CL柘植、SL小俣、吉川(記) 
【山行日】4月5日~6日 
【日程】4/5土気3:40-信越道富岡IC-中之岳神社駐車場7:30/8:00-西岳9:30/9:45-星穴岳11:20/11:50-射ぬき穴12:40/12:50-中之岳駐車場15:00-道の駅泊4/6道の駅7:10-碧岩登山口8:00-熊倉集落-タカノス岩・北稜取り付き-P1~P2~本峰-タカノス岩山頂14:20/14:50-駐車場15:50-下仁田IC-信越、関越道-土気22:00
【内容】中之岳神社で本日の無事をお願いして、見晴台で装備を付け、立ち入るべからずの看板を通過。西岳と中岳鞍部直下の鎖場をトラバースして、細い尾根を西に向かう。藪岩を直登したり、急斜面の下降、チムニ-状の岩場などをこなして、西岳山頂に立つ。裏妙義やまだ白い浅間山、そして目指す星穴岳の岩峰が…何処にルートを見つけていくのかぞくぞくするが、内心懸垂下降が心配になる。西岳から、急下降し、前にはだかる岩の北側を懸垂下降しながら支尾根を廻りこみ星穴岳への稜線のやせ尾根に出る。もろい岩壁のアップダウンの通過や、トラロープはあるが、高度感あふれる垂壁の長いトラバースなど慎重に通過し終わってホッとする。大岩の南面のどろ付き岩トラバースもいやらしい!南壁は、ストーンと切れ落ちた星穴岳直下は、ロープを付け登るが、イワヒバが岩に貼りついていてホールドを見つけるのに苦労した。ここもスリル満点で、奈落の底に吸い込まれそうな光景かも、星穴岳山頂制覇!景色よりなによりここまで来れた満足感でいっぱいだった。この後、射抜き穴は、降り口で下を見て一瞬ビビルが下りるしかない、途中空中懸垂で穴の前に到着。ヤッター・u椄海海・蕁・醋未吏・完・ぢ垂直懸垂は慣れたのか恐怖はなかったが、途中手が熱くなり加減しながら下りる。むすび穴までピストンして、大仕事を終えた気分で下山に入るが、最後の試練が…すでに先輩二人はクライムダウン済み、ダブルロープをエイと還にセットする時考え込んでしまった。下に下りて引くロープの色を確かめダウンし、ロープがうまく引けて回収できホッとした。始めて、頼らずにでき嬉しかった。沢筋を下り、岩魚の定食屋跡から道路に無事下山できた。
4/6熊倉集落から熊倉川を渡り、伐採された山肌に取り付く。しっかりアキレス腱を伸ばしながら植林帯を抜け、岩場と潅木のどろの急斜面をひたすら登る。P1の藪岩壁を通過して、P2へ潅木や木の根っこをを掴みながら登る。正面にタカノス岩がどっしり現れ、何処を登るにしろ難儀しそう。左の谷筋には、三段の滝も確認できた。碧岩の北稜がその谷筋に延びている。整った姿の岩峰が美しい。木の根や岩の急斜面の尾根を外さないようにアップダウンを続け、いよいよ藪岩壁本峰の登り、この辺りから、ロープを多く使う。足場は、ふかふかの苔だったり、もろい岩の急登で四足登り、うっかりすると落石してしまう。ロープに導かれながら忠実に進む。良く見かける、赤テープや踏み跡は見当たらない。手際の良い二人のロープワークに助けられ、中間を登っていると、写真を撮る余裕が嬉しい。山ひだの谷あいに熊倉の集落の景色は、厳しくも温もりを感じた。やっとタカノス岩の登頂は14時を過ぎていた。標高差500mだが、たっぷり4時間もかかった。潅木帯を暫く下り、植林帯の急斜面をずるずると沢まで下る。碧岩のルートに合わさるところまで来ku樊C般擇凌真靴靴ざ兇里・・訶仍各擦吠僂錣蝓△△辰韻覆・鷦崗譴鵬嫉海靴拭・鑛・里椶蟇・┐里△觧海世辰拭・・w)星穴伝説の奇岩は、興味おおありで参加申し込みしたものの、PCの虎の巻で調べれば調べるほど、不安になり断ろうか迷った結果、参加してしまったが、何とか、お二人の先輩に助けられ登る事ができほんとうに嬉しいです。ありがとうございました。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



△page top

« 榛名山◆写真
西丹沢山行報告 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/264-492b0f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top