fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

八ヶ岳 


【山域】八ヶ岳【ルート】西岳~編笠山~権現岳~赤岳~阿弥陀岳【山行日】10月21日~22日【メンバー】吉川りつ子
【記録】10/21舟山十字路8:20-千枚岩9:10/9:15-西岳11:15/11:35-青年小屋12:30-編笠山13:00/13:15-青年小屋13:30/13:40-権現岳15:05/15:30-キレット16:30テント泊10/22キレット6:00-赤岳8:00/8:20-阿弥陀岳9:40/10:10-不動清水11:10/11:20-舟山十字路13:05
【内容】21日舟山十字路からのトラバースルートを探すのが困難と思い予定より早めに自宅を出る。案の定迷いながら何とか見つけた。財産区の立ち入り禁止区域のロープを張ってあるところから入山する。かすかな踏み跡も落ち葉で隠れうっかりできないが、ようやく道標を見つけほっとする。誰にも会わず、静かな尾根を登り、山頂に立つ。北アルプス、乗鞍岳、御岳は、もう真白で、冬の装いに。真っ青な空には、中央アルプス、甲斐駒ヶ岳、富士が浮かび、赤岳、阿弥陀岳は、手の届きそうな位置に聳え立っている。樹林帯から飛び出た山頂の素晴らしい景色に至福の時をしばし過ごし、編笠山へと向かう。シラビソの樹林帯を、ほぼ水平移動する。途中、乙女の水場に立ち寄り今夜の水を確保する。冷たく美味しい水だった。青年小屋に、ザックをデポして、編笠山を登った。岩がごろごろした山頂も、相変わらずの素晴らしい展望に、大満足だった。ギボシの登りは、岩稜を四つん這いになりながらのきつい登りだった。ギボシの山頂はまき権現岳に到着。陽も傾き、風の冷たさを感じる。長い梯子を下り、旭岳を越える。この辺りは、急斜面の岩場で、雪が凍りつき、滑らなku桙「茲Χ枋イ力・海世辰拭e採錣瞥射曚鯆・瓠▲轡薀咼塾咾縫謄鵐箸鯆イ襦・住位襪料位襦・和・・・隆篶任・・醋世・蠅望箸蕕気賁覿・防發・咯紊・襦A農欧蕕靴け覗鯡椶療・蠅砲掘・里・爐蠅弔・茲Δ世辰拭・・・w)臆日朝、風が強かったので、明るくなるのを待って出発した。まもなく、昨晩、鳴いていた鹿だろうか、岩の上にこちらを向いて立つ日本鹿を見た。赤岳に向かう岩稜は、思ったほど雪はなく、楽に登行できたが、赤岳直下は、雪が多く凍っていた。赤岳山頂で、360度の大展望を楽しみ、阿弥陀岳えと向かう。今日は、ザックが軽くて快適!北アルプスを飽きるほど見ながら、御小屋尾根を下り、舟山十字路に帰りついた。
スポンサーサイト



△page top

« 南ア・鋸岳~甲斐駒
【ヒヤリハット】足を滑らせ骨折 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/201-e3a2a659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top