fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

大源太川・北沢 

大源太川北沢 吉川
【山域】上越 【ルート】大源太川 北沢 【山行日】10月13日(前夜発)
【メンバー】CL柘植、渡邊3、小俣、三輪、加藤、大塚、田村、石橋、吉川
【記録】駐車場7:40/7:50-北沢入渓地点8:10/8:20-大源太山14:20/14:50-駐車場16:40
【内容】朝方、小雨がぱらつき沢登りが危ぶまれたが、6時頃決行となり、ベテラン揃いに付いて行けるかなという不安と、居直り心境で、複雑な思いの中、何とか平常心を保ち、入渓した。遡行始めて間もなく、ツルンと滑り、三点支持を、肝にめいじる。その後、3~5m位の小滝、ナメ滝と続き、少し余裕が出てくると前方の景色も、楽しめるようになる。釜を泳いで、滝の右側を登るらしきところは、水に浸かるのを避け、左の岩をへつって行ったが、最初の一歩が決まらず、教えてもらい、何とかクリアした。ちょっとしたコツのような事を習得。10mのナメ滝は、ザイルで確保し、左の縁を登る。暫く行くと、三俣状を左に進む。そのうちに、水の少ない20mの大滝が現れる。右側を、馬の背のような岩を登り潅木帯に入る。藪コギしながら登り、笹にしがみつきトラバースして、滝上に出る。次に、三段チムニー滝は、流木が詰って登れず、右の草付きスラブ帯を登る。これがまた、下で見たより難しい。ここまでに、ずいぶんザイルを使って登った。扇状の広いスラブ帯が、頭上に広がり、青空に、紅葉が映える山頂らしき景色に変わったとき、先が見ku桷「燭茲Δ粘況磴靴拭・好薀崑咾鯏个蝓・貘㍉茲卜農・紊暴个織蝓璽澄爾蓮⊃佑・錣襪茵櫃函・臉爾如帖・劃困如・・・兇函☆・涯・ぢ度の展望を堪能し、下山する。やせ尾根から見る谷川岳へと続く稜線の紅葉が綺麗だった。見下ろすと、登ってきたスラブ帯や谷筋が見える。改めて、良く登れたなぁと思った。急な岩場を下り、ブナ林を抜けると入渓地点に戻る。
 沢登を始めて、一番長い遡行時間の体験と、小滝、スラブ滝、岩登り、途中倒木のダム越え、草付きスラブ帯の難しい登りなど変化に富み、楽しんだ沢登りだった。同行の皆に感謝しています。
スポンサーサイト



△page top

« 飯士山
越後駒が岳・水無川・モチガハナ沢右俣 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/195-b198595f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top