FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

丹沢・源次郎沢 

丹沢(源次郎沢)山行報告書
平成19年9月18日
ちば山の会:田中孝平
期  日:平成19年9月17日(月)日帰り
メンバー:田中(CL)・三代川
山  域:丹沢山塊(塔ケ岳水無川支流 源次郎沢)
天  気:曇り一時小雨(日本海側に台風通過)
時  間:自宅〈市原〉4:00発=館山道=アクアライン=東名高速=大倉駐車場6:00着6:20発~戸沢林道~戸沢出合6:00~源次郎沢出合6:20登攀開始~稜線10:40~大倉尾根11:00~大倉駐車場12:30着13:00発=往路をたどり=自宅〈市原〉15:00着
行動記録:朝4時に三代川さんが田中宅に集合して田中車でアクアライン経由で大倉に入る。
当初は戸川林道も車で入る予定であったが、崖崩れで車通行止めの看板があり、会の下山連絡先に連絡して林道を歩いて入る事を伝えて大倉に車を止めて出発する。
戸川林道は3箇所ほど崩れた跡があったが、既に車が通過した形跡があった(車底を土砂で擦っていると思われたが、戸沢出合の手前(表尾根への分岐駐車場まで可)まで入れた。
源次郎沢は18歳の折に入渓して依頼の入渓で、沢も1年ぶりでワクワクの状態で入ることになる。
スタートから2~5mの小滝を幾つか越えながら核心の10m滝(現場にはF4と記載看板ありだが:だいぶ以前と沢の状態の変化した様だ)ここでは三代川君にザイルを出していただき、一箇所だけ水流の中に寄るところが冷たく嫌らしく、ザイルの世話になった。
後は、同じく小滝を幾つか越えて最後の花立の右支尾根に出る手前で大倉尾根側に廻りこみ直接的に大倉尾根に出たところで終了とした。
以後は大倉尾根を下山して大倉で食事後に一路帰還した。
スポンサーサイト



△page top

« ヒツゴー沢
日光・緑沢 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/183-f0e219ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top