FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

谷川:茂倉岳・武能山 

菊池です。
8月22日は家族と愛犬を連れ車山にマツムシソウを見に行き、コロボックルヒュッテで唯一の軽食、キノコピラフを食べたがこれが絶品であった。
26日は勤務のため、新歓には参加できず、谷川連峰縦走路で残っている茂倉岳~蓬峠間を単独で楽しんできた。
【山域】谷川:茂倉岳・武能山
【日時と天候】8月24・25日晴れ
【行程】1日目土樽茂倉岳登山口駐車場(730m)8:30ー茂倉新道ー茂倉岳避難小屋(1897m)(泊)
     2日目避難小屋4:40-茂倉岳(1998m)-笹平(1594m)ー武能岳(1760m)ー蓬峠-蓬新道ー土樽-帰葉
 駐車場を出発すると間もなく尾根に向かう急登が始まる。粘土の滑りやすい登山道である。素晴らしいブナ林をゆっくり登るが残暑厳しい折、拭いても拭いても汗が吹き出てくる。やがて茂倉岳の山頂から茂倉谷の全容が見えてきた。露出した木の根や倒木のため、苦労する登山道であり下山向きではない。矢場の頭からは展望の利く歩きやすい尾根道となり、右手に仙ノ倉・万太郎を望めた。茂倉谷と仙ノ倉から落ち込むシッケイ沢は山スキーで経験済みの豪快な沢ルートである。来シーズンは長池さん等を案内せねばと考えた。白いウメバチソウが咲き始め、清楚なツリガネニンジンなどに癒されながら頑張り13:30避難小屋に到着した。出合った登山者は小屋直前での二人連れのみであった。水場で350cc二本を冷やし、身体を拭い、豪華な素晴らしい避難小屋を一人占め、満天の星を楽しんだ。
 2日目は夜明け前に小屋を出発、ヘッデンで約10分間の急登で頂上に到着。約30分間、夜明け前から日の出の素晴らしい情景を堪能した。写真集を乞うご期待。鞍部の笹平への約380mの下りから武能岳に向かう途中で漸く蓬峠からの登山者に出合ったが、昨w)
スポンサーサイト



△page top

« 窓明山・保田橋沢
奥秩父・笛吹川 ヌク沢左俣 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/178-5fe55220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top