FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

草津白根山・芳ケ平BC 

 菊池です。
 
この度は芳ケ平山スキーにおいて、皆様にご迷惑と・ご心配をかけ大変申しわけありませんでした。
CLの鶴田さんから山行報告と下山時間の遅れについての報告が昨夜、MLに投稿されましたが、経過の詳細など、私なりにもまとめましたので報告させていただきます。下山時のGPSトラックと合流点と一本木付近の地図を添付します。
 
芳ヶ平下り - コピー 
【山域】草津白根山・芳ケ平
【日程と天気】2015年1月31日~2月1日 やや強い冬型、低温、風強く、時々突風気味、1日目は時々風雪模様、林間は風は弱いが上部は風強く視界不良、2日目は午前中はやや風は弱くなっていたが午後は時々強い風、視界やや不良、曇り時々小雪模様。
【メンバー】CL鶴田・菊池・寺門・Iさん(会員外)・峯澤
【行程と状況】
1日目:草津スキー場第6駐車場8:30―峯澤君ビンデイングトラブルでメンバーから外れる(約30分~40分時間経過)-林道―登山道(ヒュッテ直前のオープン地形で強風・視界不良でルートファインデイングにやや苦労)―13:40頃芳ケ平ヒュッテ14:10-湿原・平原は強風で苦労―池ノ塔下の東尾根へ標高差100m弱登り上げ(膝下ラッセル)-滑走―16:10ヒュッテ
 
2日目:ヒュッテ8:50―東尾根標高差約200m・11:00までハイクアップ(前日よりラッセルきつく、深いところで膝上)-滑走(上質のデープパウダー滑走)―12:15ヒュッテ12:50発
大平斜面滑走(深雪、転倒時ストック見失いなどでやや苦労)―ラッセルー14:38渡渉点―渡渉後Iさんビンディングトラブル(ツボ足で登山道合流点まで登り上げ)-16:07登山道合流(ビンデイングにお湯をかけ復活)
―登山道ルート―16:49道標発見:直後ルート不明、急斜面を少し下ったが登山道不明(A地点16:30頃)、シールを貼りなおして、一本木道標に戻る(既に日没・一時ビバークを覚悟:芳ケ平まで3.9㎞の表示であるが、地名は不明、この間、芳ケ平ヒュッテに電話したが場所が不明、登山道を求めて右往左往、焦り・見えにくいなどでGPSは判読できない、雪で下部が埋もれており掘り出して、一本木と判明、再度ヒュッテに電話し、この先20m進み、右へ直角に回り急な斜面を下れば必ず、ボブスレーコース様の登山道に出るとアドバイスを受けヘッドランプのもと進むこととした。(18:05)

―その後暫く凹状のノートレースの登山道ルートを進むことが出来たが、暫くして平坦地になると全くルートはわからない。深雪で斜度は緩いが登りが少しあるため、一本木からはシールのまま下ることとしたがIさんのシールが貼れなくなったため、シールなしで下った。大周り道標直前は平坦でルートは分からず(B地点)、左方向に少し下りすぎた。慎重に見極め、右上の方向であろうと登り返しすと、案の定、そこが大回りの道標地点であった。Iさんは雪が深すぎシールなしでは登れず、わずかの距離ではあるがツボ足で登った。大周りの道標で再度ヒュッテに電話、ルートの方向を確かめ暫くは順調に進むことが出来た。

しばらくして私のシールも片方剥がれたためシールなしで下った
―最終的に再度ルート不明(C地点)、左側が沢状に見え、その右上を進み困惑したが、左の沢と思ったのは広い道路と分かり、私が先導し2m位下の道路に滑りこんだが、夜間であり見えにくく、倒れこんでしまった。ここから先はもう問題ないと分かり、ひとまず安堵感を味わった。
―左崖下を川沿いに暫く進みようやく橋を渡りフィナーレに近くなるとパトロールが迎えに来ていました。
午後9時頃、漸く駐車場に到着、パトロール室にて部長から絞られました。
 
 
・今回はいつもCLを担っている渡辺(俊)さんが参加できないため、芳ケ平常連のCL鶴田さんと私が何とか盛り上げようとしました。予約金(一人5000円)を支払ってあり、2日間とも冬型と分かりながら、一抹の不安を抱きながら、決行してしまいました。
10回以上経験している下りルートでは大平斜面滑走後の渡渉点の同定がポイントであり、登りではヒュッテ近くのルートファインディングがポイントと考えていました。渡渉点から登山道に合流してからの下部はいつも渡辺さんが先導してトレースもはっきりしているため、あまり問題にはならないと考えており、GPSにはセットしませんでした。長いルートですので、地形図は分割して胸ポケットに入れておきました。。Iさんは全てのルートをGPSにセットしていました。
草津からの登山道ルートの登り上げは、過去2回あり、上部で視界不良の時にルーファイにやや苦労した経験があるため、大平滑走後の渡渉点もピンポイントで発見する必要があるため、この2ルートはGPSにしっかりセットしていました。
1日目は前日のトレースが下部では残っており、登山道の合流地点からGPS電源をONにしたため、草津からの前半の登山道ルートはGPS軌跡としてプロットされていませんでした。電池は替えを持参していたため、2日目の午後ヒュッテ出発時には新しいものに交換しました。
 
・帰りのヒュッテ出発はいつもとほぼ同じ時間で、草津までの所用時間は3時間から3時間半くらい、出発時は風がやや強くなっていたものの、雪は降ってなく、大平ルートの降雪量はやや多いが大丈夫であろうと考えましたが、大平斜面と渡渉点までのルートでは予想以上に降雪量が多く、滑走時に私を含め2名がバランスを崩し転倒、私のストックが1本紛失してしまい、発見するのに苦労し、渡渉点に達するのにいつもよりかなり多くの1時間40分ほど要していました。渡渉ルート確保の雪堀、渡渉後の休憩など、かなりの時間を要し、渡渉終了地点を出発し、その後ビンデングトラブルでさらに多くの時間を要してしまいました。
 
・低温時のビンデイングトラブルはかなり大きな問題です。最終的にお湯をかけ復活しましたが、雪が詰まったり、凍ったりする可能性のあるビンデイングがあり、対処法を前もって考えておかなければならないでしょう。
 
・一本木の道標到達直後、ルート不明となりビバークを考えました。GPSを確認するときには200mから300mのスケールで見ていることが多いのですが、ごく限定された小範囲の判読には50m~80mほどのスケールでじっくり地図と見合わせて検討することが重要であると、現在考えていますが、現地では焦りと、この辺のルートを前もってGPSにセットしてなかったことなどで、判読は難しい状況でした。幸いにヒュッテに電話が通じたため、最終的には凹状の登山道に戻れました。
 
・いつもは渡渉後登山道に戻ってからは、登山道ルートでも緩い登りが2~3か所あるが、シールなしでまず問題ない。今回は降雪量が多く、トレースもないため、凹状の登山道では問題ないが、平坦になると全く分からなくなるため、下り過ぎると、登りがシールなしではきついため、シールを付けたままゆっくりゆっくり慎重に進まざるを得なかった。低温でシール張替を頻回に行った状況のため、2人のシールトラブルが発生してしまい、実際にルートを外してしまった時に苦労してしまいました。心配のなくなった最終の2㎞位はシールなしの方が早いが、2人は最後までシールなしで通しました。
 
・2名が手指先に軽い凍傷になりました。
 
・このような状況でいくつかの悪要素・トラブルが重なった結果、このような遭難寸前の重大な状況となりました。
 
・過去にもかなり天気が悪い状況もありましたが、2日間とも、やや強い冬型というのはなく、一日はまあまあの天気となることが多かったのです。パウダーランと快適なヒュッテ宿泊の2点を求めて、例年通っていましたが、このような悪天続き予報の時には入山前に、入山自体をできればメンバー全員で慎重に検討すべきであると反省しています。

芳ケ平GPS 

スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。