FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

鍋倉山と黒姫山BC■写真 

 1月10日:鍋倉山(峯澤記)、1月11日黒姫山南西ルート(吉川記)の山スキー報告をいたします。
 
今回は中級者以上を対象とした深雪ツアーで、弱い冬型の続く期間に、条件の良いパウダールートを、情報収集し直前に決定し、参加メンバーに満足していただけました。
 
04 ブナの美林で記念撮影
 [ブナの美林で記念撮影]
1日目
【山域】関田山脈・鍋倉山
【日時と天候】2015/1/10雪のち曇り時々晴れ、気温はやや高め
【メンバー】CL菊池、SL板橋、SL鶴田、加藤(洋)、庭田、吉川、峯澤
【コース】鍋倉山登山口→大学小屋前→鍋倉山山頂→大学小屋前→鍋倉山登山口
降雪の中、道の駅ふるさと豊田に集合。
合流して鍋倉山登山口へ向かう。

鍋倉山登山口でも雪が降っていたため極上のパウダーを期待してシールを装着して登山開始。
菊池先生の指導の下、雪質を確認しながら登っていく。
雪質を見る限りなかなかのパウダーが期待できそうだった。

山頂に行くまでにはキツイ傾斜が何箇所かあり、自分は一度コケて大変な思いをした。
しかしながら、以前に鈴木秀さんに教えてもらったキックターンのやり方を思い出して、注意しながら実践したところ楽に登ることができた。
やはり意識しながら実践することが大事。

道中、天気も晴れてきて下界の景色が広がり、周りの木々には霧氷が付いてきて幻想的な景色になってきた。

山頂に到着したら、菊池先生の提案で鍋倉山の北東斜面を滑ることになった。
傾斜30°弱のパウダー斜面だったが、練習の成果&スキーの性能のおかげで楽しく滑ることが出来て、菊池先生からも合格点をもらうことができた。

北東斜面を下ってからは新潟バックカントリーが作ってくれたトレースを辿って鍋倉山山頂へ戻る。
軽く休憩を取ってから、自分達が元来たトレース方向へ滑って下山。
道中、弱層にエッジが引っ掛かりヒヤッとすることもあったが何とかこけずに耐えられた。
スピードコントロールは大事。

無事下山してからはサンデープランニングランプにて軽い宴会をして就寝。

<以下、峯澤感想>
鍋倉山は去年4月にザラメ雪を滑りましたが、パウダーも最高でした。
菊池先生も仰っていましたが、初心者でも上級者でも安心して楽しめる良い山ですね。
あとは板橋さんくらいカッコよくアルペン滑りが出来れば更に楽しめるはず。
練習、練習です!

ちなみに菊池先生の薦めで使っているサンデープランニングですが、宿の人の感じも良く吉川さんも絶賛の宿でした。
ご飯もおいしかったので興味のある方はぜひ!
2日目
【山域】黒姫山 
【ルート】南西ルート 
【登山方法】山スキー 
【行動日】1月11日 
【メンバー】CL菊池、SL板橋、SL鶴田、加藤、庭田、峯澤、吉川、会員外2名記)
【行程】1/11(雪)宿-大橋8:30/9:10-大橋林道-新道分岐11:50-1900m付近12:50/13:10滑降-林道14:20-大橋14:45-長野IC-関越道-帰葉

【内容】
菊池リーダ今朝まで勘案の結果、黒姫南西尾根ルートへ向かう。
大橋の狭い駐車場には、すでに数台駐車されており我々は路上に駐車し、大橋林道へ入る。
トレースはカリカリ、最中雪の林道を進み、オオダルミへの登山道が交差するころは、雪質は徐々に良好へと変化してきた。ダケカンバやブナの緩やかな尾根を進みようやく急な痩せ尾根となると、うねりとシュカブラ、張り出す雪庇が目立ってくる。

前方に、一滑りしてきた5人のパーティーに会った。外輪山の稜線は、風が強いという事で、稜線直下から、100m位滑り込んで、雪庇を避け沢地形に滑り込む。
50センチ位下に青氷の弱層があり、注意しながら滑る。その後のブナ林の台地の滑降は、パウダーを浮遊感に酔いながら林間をを存分に楽しめた。会員外のお仲間やちば山の飛ばし屋、板さん、めきめき上達中の峯さん、続くみんな絶好調!途中、先行者のトレースから外れたが、リーダーのGPSチェクで、どんぴしゃり林道に飛び出た。朝は、カリカリだった林道も、降雪で快適ボブスレーコースを下る。

昼頃から、雪もだいぶ降り出してきたが、最後まで快適なコースを導いていただいた。黒姫山南西ルート大成功!完璧なコース選択のリーダー、菊池さんに感謝です。 
 
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。