FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

海金剛スーパーレイン 

 平野です
先週土曜日に西伊豆マルチフリークライミングに行きました
【日時】2015年1月24日(土)
【場所】西伊豆松崎町雲見 海金剛 
【ルート】スーパーレイン
【メンバー】平野直子、平野良彦
【時間】駐車場発7:30-取付着8:30-スタート8:45-終了点着12:30-懸垂開始13:00-取付着14:30-駐車場着15:30

【内容】
サッカーアジア杯見てから夜21:30発。渋滞もなく、途中食事、買い出しをしながら深夜1時過ぎに仮眠場所着。道の駅松崎で、軽く一杯のち就寝。外気温6度で思ったより寒い。ちょっとへこむ。
翌朝は曇りがちの天気。寒いのでゆっくりしたくをして移動、7時過ぎ雲見オートキャンプ場着。この時点で気温7度くらいか。天気予報ではこの後晴れて暖かくなるとの事。がんばって出発する。
海金剛のアプローチは行きは懸垂下降、帰りはごぼう登りの崖がある。ここで懸垂準備をしていると、向かい側の岩壁最上部から落石が。2m四方くらいの岩がものすごい音をたててバウンドしながら落ちてくる。破片がこっちに飛んでくるだけで一発アウトだ。緊張して軌跡を見守るが、幸いこちらには来なかった、ふぅ。その後の落石がない事を確認して懸垂。まだきな臭い中、落石ポイントを急いで通過する。ここが本日一番の危険ポイントだった。
だんだん晴れ間が広がる中、いよいよ岩壁が見えてくる。かなりの迫力!辺りには岩礁に釣り人がいるだけ、結局本日の海金剛は我々の独り占めだった。

1p:5.8 ウォームアップにちょうど良い簡単なクラック
2p:5.9 プロテクションはナッツだが、フェースとスラブクライミング。トラバースルートなのでセカンドも緊張します
3p:5.10a クラックから左上、フィンガークラックから被り気味のフレークを右上、足がなくて緊張します
4p:5.10a フレークからフィストサイズのクラック、快適
5p:5.10a 2段のハングをフィンガー~ハンドジャムで豪快に突破、楽しい!
6p:5.9 オフウィズスのクラックをテクニカルに突破。ビレイ点を1番と2番のキャメロットで作っているので、このサイズが途中で出てくると支点が取ずらく緊張。平野(良)的にはこのピッチが一番難しかったとの事。
7p:5.9 被り気味のワイドクラックをムーブで突破。上部のフェースは支点がほとんど取れないので絶対落ちてはいけません、でも怖楽しい!
以上すべて平野(直)リード。支点はビレイ点以外全てナチュプロ。

頂上に着く頃には快晴に。眼下に広がる海が青いねー。あまり山では見られない風景が最高!海越しに見えるはずの富士山は雲海の上にちょびっと白い頭をのぞかせていた。もっとのんびりしたいけれど、懸垂も結構時間がかかるので下降。1ピッチ短く切って、4ピッチで取り付き付近に到着。最後まで気を抜く事なく無事駐車場へ帰還。途中仁科海岸の共同浴場500円でさっぱりしてから渋滞なしの中、21時帰葉。やはりフリーマルチは楽しいな!次回はスーパートリトンにチャレンジ!

【反省点】
今回夫婦でクライミングだったので、我が家のダブルロープ在庫が50mと60mの二本しかなく、これを使用。わかっていたが、これが相当扱い難かった。
やはりダブルロープは長さを合わせるのがマスト条件。登攀時のロープ手繰り寄せと、懸垂時のロープ整理がすごく大変だった。たぶんこの要素で1時間は損したと思う。
やはりあと1本は買わないといけなそう。

写真を下記URLに公開しています。興味のある方はご覧ください。
同スライドショー
スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。