FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川岳マチガ沢東南稜 

ちば山の木屋です。
遅くなりましたが谷川岳マチガ沢東南稜報告です。


48 オキノ耳の頂上です!! やったね登攀成功だ。_R
 [オキノ耳の頂上です!! やったね登攀成功だ]

【日程】 2014年10月10日夜?11日 晴れ
【山域】  谷川岳
【メンバー】 CL樋口、木屋(記)
【行程】 10月10日夜 千葉~外環~関越道~ロープウェイ駐車場(仮眠)
10月11日 5時出発、15時半下山


22時に樋口さんに拾ってもらい出発。深夜1時ごろ谷川岳ロープウェイ駐車場着。早朝4時半起床、5時駐車場出発。
登山指導センター兼休憩所に登山届を出しに行くと中で寝ている人々がおり、仮眠可能らしい。水場もセンターの前にあり泊まるにはいい場所なのかもしれない。
林道を歩きマチガ沢出合に到着し、景色を堪能したのち沢に入る。
下流は快適。大滝手前で単独1人と他3パーティーも厳剛新道からマチガ沢に下りてきているのが見え、休憩を切り上げて先に進む。
三ノ沢出合を過ぎるとゴルジュに入る。ところどころ樋口さんにお助けスリングやロープであぶみを作ってもらいゴルジュを通過する。思い返すと東南稜自体よりこのゴルジュのほうが難しかった気がする。

(東南稜)
全ピッチリードは樋口さん。
1ピッチ目凹状部を登っていくと核心のハング気味の部分に差し掛かる。手ごろなところに残置スリングあり。狭い凹角内でステミングしてずりあがって抜ける。
2ピッチ目、少し浮石が増えてきた記憶しかない…。
3ピッチ目は残置スリングの跡のある短いクラックを登るルートとリッジを左に回り込む正規ルートがある。クラックも行けなくはなさそうだが初心者の私のこともあり正規ルートで行ってもらった。数m上に登りバンドを左に移動、リッジの左側に出る。そこからは簡単に登っていけ、適当なところでロープをしまって登攀終了。
オキの耳へ熊笹をかき分け到着。
休憩後、西黒尾根をうんざりするほど下って計画通り15時半に下山。

【感想】
天気よし、紅葉よしで登攀も自分にとって楽しめる範囲ですべてが楽しかったです。
岩稜から見られるいつもと違う景色や、登攀後の爆発するような達成感は何とも言えないものでした。樋口さん本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。