FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

下の廊下~仙人池◆写真 

下の廊下から仙人池への縦走の報告をします。長文失礼。

【日程】 2014年9月25日~28日 晴れ時々曇り
【山域】 北アルプス 剣岳周辺 
【メンバー】 CL大木 SL田中 記録 室 
【行程】 
9/25(木)夜 千葉?中央道?扇沢駅(仮眠)
9/26(金) 7:30トロリーバス?8:15黒部ダムー十字峡ーS字峡ー仙人谷ダムー17:15阿曽原温泉小屋(泊)
9/27(土) 7:00阿曽原温泉小屋ー関電人見平宿舎ー雲切新道-12:00仙人温泉ー16:00仙人池ヒュッテ(泊)
9/28(日)  4:00仙人池ヒュッテー8:00真砂沢ー10:00ハシゴ谷乗越ー11:30内蔵助平ー15:30黒部ダムー16:05トロリーバスー16:30扇沢駅ー大町温泉入浴、中央道ー千葉(稲毛12:00、市原1:00、東金2:00)

127仙人池で記念写真
 [仙人池で記念写真]

大木さんから下の廊下?仙人池ヒュッテへのお誘いを受けたが、とてもハードなコースのため、魅力的な計画ではあるが、体力に自信が無いため一度断りました。しかし、メンバーが集まらないというので、亀のように遅いけどいいですかとお許しをいただいて参加しました。

26日金 トロリーバスの駅から黒部ダムの下まで一気に下り、下の廊下スタート。
高度感はさぞやとは覚悟をしておりましたが、想像以上にすごくて、怖くてまったく景色を見る余裕なし。
ビビりまくって歩くので腰が引け、歩みは遅く時間がかかります。時々目に入る下の方の急流に肝を冷やしながら針金を持つ手に力を入れて、時々出てくる岩場のトラバースでは怖い怖いと騒ぎながら、田中さん大木さんに助けられて通過。ここまで怖いとは、全く予想外でした。(ほかの人はそんなに怖くないらしいですが)

途中、三カ所くらい上部から水が流れてシャワーを浴びるところがありました。お天気がよく暑いくらいでしたのでよかったですが、寒い日だと濡れて大変だと思いました。
また、怖い吊り橋が有りそれもヒヤヒヤしながらわたりました。
せっかく来たのに、十字峡、S字峡の名勝も怖くて鑑賞できず。。。本気で今日が命日なるかもと思っていた。

肝を冷やしながら延々7時間くらい、ようやく仙人谷ダムが見えほっとしたのもぬか喜び、ダムからもなかなか大変な道のりです。関電人見平宿舎に到着、登山道はその敷地内を通らせて頂くようになっており、その際、有名な「高熱隧道」を垣間みました。サウナのような高温で、これが自然の地熱の力なのかと思うと大自然のすごさに目を見張る思いです。ようやく到着した阿曽原温泉小屋で、源泉掛け流しの温泉につかりほっとして、おいしいビールで乾杯。小屋の食事は、お客さんが席に着いたらフライや天ぷらを揚げて持ってきてくれるので、温かくおいしくとてもありがたいものでした。

27日土 二日目は仙人池までの比較的のんびりとした道のりでしたので、朝はゆっくり出発。
昨日通った関電人見平宿舎まで戻り、そこから雲切新道という道を通って行くのですが、この道は2007年に新しく開かれた道で、それ以前の地図には道が載っていませんので、要注意。
雲切新道の名の通り、急な険しい道が続きゆっくり登って行きました。お昼前くらいに仙人温泉小屋に到着し、大木さんと私だけ、温泉に入りました。仙人温泉小屋は眺めがよく気持ちのいい場所で、ここに泊まって温泉三昧できたら良かろうにと思いました。そこからまた急な沢沿いの気の抜けない登山道が続き、ようやくの思いで仙人池ヒュッテに到着しました。

仙人池の紅葉と剣の景色を楽しみにしてきたのですが、到着したときは曇りで剣はガスがかかって全く見えません。夕食までの待ち時間に、一杯やりながらお話をしていたら、ほんのひとときだけ雲が切れて、池と剣のコラボレーションを見ることができました。
聞きしに勝る、美しい景色!見とれているうちに、あっという間に雲が湧き出てまた剣は隠れてしまいました。かくも、高貴な山はそう簡単に姿を現してくれないのか?深窓の貴婦人のような。でも、一瞬でも見れた幸せを、山の神様に感謝して。

仙人池ヒュッテは夕食も楽しみにしていましたが、驚くほどのおかずの品数、おいしく心のこもったお料理です。こんなに不便な山の中なのに、ここまで用意するのは本当に大変だと思います。そうそう、ここは小屋に到着すると、すぐに温かいお茶を出してくださるんです。すごいホスピタリティマインド。ここで、テレビを見ながらご飯を食べていたら、ニュースで御嶽山の噴火のことをやって、そこにいた全員が「ええ??っ!」と超驚き、テレビに見入っておりました。

28日日 この日は何が何でも帰りのトロリーバスに間に合わなければなりませんので、4時に出発。
暗い中歩き始め、だんだん夜が明けて目の前に現れだす剣の姿に見とれながらゆっくりと下る。真砂沢からハシゴ谷乗越への登りが、二日間の疲れもあって、本当にしんどい。ここも急で狭いやせ尾根のため気が抜けません。私自身の経験した山行の中で、ここまでずっと険しい道がつづくのは初めての経験でした。
内蔵助谷も一般の登山道という感じではなく、嫌気がさしてくるほどです。
黒部川の道に戻り、黒部ダムが見えてきて、最後にダムのところまでの登り返しがしんどいことと言ったら。無事、ゴールして三人でハイタッチ。

とても疲れているのに、大木さんと田中さん千葉までの運転、お疲れさまでした。
きつかったけど、楽しい山旅をご一緒して頂きありがとうございました。
お二人に助けられてなんとか歩きました。一人では絶対に無理です。
仙人池ヒュッテには、お天気のいいときにまた再訪したいものです。
名物おばあちゃんは引退し、お孫さんの素敵なイケメンのオーナーががんばっていますので、ちば山のみなさん、是非行ってあげてください!!


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。