FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

南米ペルートレッキング 

先月、あこがれのペルーマチュピチ、クスコなど南米トレッキング&旅行をしてきたので報告します。

山行部分
9月26日金 マチュピチ山3050m
9月27日土 ワイナピチュ山2750m


今回の旅のハイライトは、前からあこがれていたペルーのマチュピチ遺跡だ。

アメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムがマチュピチュ遺跡を発見したのは、1911年。ほんとに麓からは想像もできないような、幻の空中都市が広がっている。それを取り囲むように、3051mのマチュピチ山と2750mのワイナピチュ山が東西にそびえたってる。今回はマチュピチ村(2060m)に2泊して、その二つの山の上からも遺跡を眺めようという計画だ。どちらも麓の村からバスで遺跡(入口)まで行き、遺跡の中の登山口から登る仕組みで、初日の26日は、マチュピチ山。雨模様の中登山口でパスポートNOも含め、名前と国名等書き込んでゲートを通過する。最初は林の中を石段を登っていく。世界の様々な国の観光客が軽装で登って来るが、途中からは、石段は急になり、雨で滑りやすく、ちゃんとしたトレックシューズに両手が自由になるザックに雨具や水を入れておかないと危険である。遺跡から標高差600m約2時間弱で頂上だ。遺跡は1500年代位に作られたとされているが、この山の石段も同じインカ時代にインカトレイルの一部として作られたのだろうか?頂上には、古い東屋みたいな雨をしのげるものがあり、その先に600m下の遺跡群が、ガスの移動の合間に見え隠れする。その向うにワイナピチュ山がそびえ立っている。晴れていれば、4000m級以上の山々も見渡せる展望ポイントであるが、今日は残念ながらNG。

1時間20分ほどで下山し、遺跡の見学に入った。遺跡は5km2その半部は斜面に作られており、その周囲は、高さ5m厚さ1.8mの城壁に囲まれている。遺跡の内容は割愛するが、こんな山の上にこれだけの空中都市を作れた技術や根性?には、まったく恐れ入る。翌日は、朝早くバスにのり、6:30には、遺跡の東端のワイナピチュ山の登山口集合した。この山は、1日400人の入場制限があり、午前7時の回と10時の回で200人づつという事になっているのだ。

こちらは、事前に入山チケットを買った人のみであり、ゲートでの名前パスポート#を前日同様記入し、下山時もチェックを入れて、厳密に入退場がコントロールされている。ワイナピチュは、ゲートからの標高差は300mほどだが、マチュピチ山よりずっと急峻で、かなりの壁面にワイヤーが這わされている。こちらも石段トレイルが基本で、よくぞここまで整備されている。500年以上も前からである。頂上付近には、幅3~5mのだんだん畑が何十段も続いており、遺跡のさらに300mの上の急峻な頂上付近にも見張り小屋や何らかの生活施設があったようだ。ほんとにどうやって石を運び積み上げて要塞?をつくったのか全く想像を絶する。頂上では、幸い天候に恵まれて今日は300m下の遺跡が良く見える。写真を撮りながら1時間ほど、この絶景の空間を楽しんだ。下山して1時間ほどで、荒天となり雨宿り状態となる。その後90分ほど待ってみたが天候が回復せずで、長蛇の列で下山バスを待ち、早めに村に戻った。そしたら1時間もせずに天候は回復し、日が出て衣類を乾かす時間となった。

目まぐるしく変わる山の天気に2日間とも翻弄されたが、インカ文明恐るべし、悠久の南米の文化、遺跡、景観を存分に楽しむ旅となった。

マチュピチ遺跡は、旅行会社でパックツアーがたくさん出ているが、もし遺跡見学に行くなら、ワイナピチュ山へは、(事前入山券が必要だが)是非とも登って頂きたいと思う。

ご参考:<全行程> 
成田→サンディエゴ9月17日
22日ペルー リマIN→クスコ→マチュピチュ→クスコープーノ(チチカカ湖 ウロス島) (ペルー)
ボリビア コパカバーナ(太陽の島)→ラパスーウユニ(ウユニ塩湖2泊3日ツアー) (ボリビア)
ウユニ→ラパス→サンタクルス  (ボリビア)
イグアス→ブレノスアイレス(アルゼンチン)
ブエノスアイレス→(AA ダラス経由)→サンディエゴー成田 アメリカを含む全行程32日間

髭の自由人 村尾 憲治

スポンサーサイト
海外 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。