FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

子持山獅子岩アルパイン◆写真 

木更津の樋口です。
9月の最後の週末に、上州、子持山獅子岩を登攀しましたので報告します。
わいわいがやがや、とても楽しい賑やかな山行となりました。
アルパインとしては、なかなかないでしょうかね。

樋口と萱野さん以外は、初めての獅子岩マルチということで、リーダーとしては久々に緊張しました。終わってみれば、皆さん思い出残る山行となりました!?。


52 皆、素敵な笑顔。獅子岩天辺です。_R

【日時】2014.9.27
【山域】上州 
【山名】子持山獅子岩
【形式】アルパインクライミング
【参加者】CL樋口、SL大塚、庭田、萱野(香)、木屋(新人!)
【行程】
2014.9.27 木更津2:10発→誉田→越智→小仲台→西神田→・・・ 
子持山登山口 駐車場 06:55着
             07:15発
獅子岩登攀開始点  08:30着
登攀開始           08:50
登攀終了      14:50
登山口(下山)   15:45


【内容】
2014.9.27 曇りのち晴れ

登攀開始点に1番着!。
晴れの予報と思いきや、夜中に雨が降ったようで、岩が多少湿っている。
天気が良くなることを期待して、登攀準備に取り掛かる。
木屋君は初めてのマルチということもあり、緊張気味か。
大塚さんは、木屋君にロープの結び方を優しく指導する。
そうでした、大塚さん、SL断りなくお願いしてごめんなさい。
メンバーの経験度から決めさせていただきました、ハイ。

1-3ピッチは、「樋口-木屋、庭田」「大塚-萱野」の登攀組み合わせ、3-6ピッチは、「樋口-木屋、萱野」「大塚-庭田」の登攀くみあわせで。
リードですが、樋口班はオール樋口で、大塚班は2、5、6ピッチ目を大塚さん、1,3ピッチは萱野さん、もっとも難しい4ピッチ目を庭田さんがリードしました。

登攀時間が・・・ m(・・)m。。。
後続のパーティーものんびりしていて、助かりました。
原因はいろいろ、途中で、メンバーを入れ替えたこと、ロープが絡まったり、4ピッチ目の昇りに苦闘したことなど、いろいろありましたが、何故だが、不満は湧いてこない・・・、リーダーとしては全員無事に獅子岩登攀するよう目配りし(したつもり?)、思い出作りに写真撮影に忙しい。だから、あっという間に時間が過ぎて、天気も良くなり、獅子岩山頂で青空のもとで集合写真を撮れました。
皆さん、とても素敵な笑顔のようで。

帰りに子持ちの湯に立ち寄り、木曾御嶽山で噴火したことを知る。ちょっぴり複雑な気持ちになる。

―――

新人・木屋君はよく頑張りました。若いですから、どんどん難しいところを挑戦ください。
指導&フォローしますからご安心を。少しずつ独学もお願いです。
・・・
以下、木屋君の子持山獅子岩マルチの感想です。

【感想】
2度目のロープを使ったクライミング、初めての外岩だったが当然のように経験&技術不足を感じた。
1ピッチ登ってテラスで自己確保するもボルトに体重を預けることが恐ろしくてできず休めなかった。
高度感からくる恐怖で体がこわばり体力を必要以上に使い、ルート終盤では引っ張り上げてもらわなければならないほど。
登攀終了後、山頂からの景色はとても素晴らしかったものの、それまでの自分の散々なクライミングのせいで複雑な気分でもあった。
計画では7ピッチ3時間半だったが倍近くの6時間もかかってしまいパーティのみなさんには迷惑をかけた。
自分に反省することばかりで良かった部分が何一つなかったが、これも経験と思い次につなげたい。
CLの樋口さん、萱野さん、庭田さん、大塚さんありがとうございました。



+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。