FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

荒川三山~赤石岳◆写真 

田中です。
南ア)荒川3山~赤石岳 縦走の報告を致します。


20140912~15南ア荒川3山~赤石岳 006

期日)H26年9月12日(金)~15日(月)3泊4日
日程・時間)
12日)自宅4:40=アクアライン=東名=新東名=新静岡IC=富士見峠=井川=畑薙ダム夏期臨時駐車場(駐車)=東海特殊フォレスト送迎バス12:00=椹島13:00(椹島ロッジ 泊)
13日)椹島5:30~滝見橋~清水平~千枚小屋12:30(千枚小屋 泊)
14日)千枚小屋4:30~千枚岳~荒川中岳~悪沢岳~荒川小屋~赤石岳12:15~14:30赤石小屋(泊)
15日)赤石小屋5:05~ガンバ段~椹島7:30 8:30=東海特殊フォレスト送迎バス=畑薙ダム夏期臨時駐車場(駐車)=往路を辿り帰途に付く。

記録)

12日)南アルプス南部の奥深い椹島まで交通機関で入るため、1日を移動日として早朝に自宅を出発し、アクアライン~東名~新東名にて新静岡ICより富士見峠越えの道を進み、畑薙ダムの夏期臨時駐車場に車を駐車して東海フォレストバスの送迎を待ち、利用券3000円を支払い乗車して、ガタゴト道を揺られながら1時間で椹島に着く。
※午後からのひと時を広くのんびりと出来る広場でビールを呑みながら
マッタリと過ごして翌日に鋭気を養う。
※東海特殊フォレスト送迎バスは行で乗る際に3000円の利用券を買い、登山中に椹島ロッジ・千枚小屋・中岳避難小屋・荒川小屋・赤石避難小屋・赤石小屋・二軒小屋ロッジの何れか1か所に素泊まりを含んだ1泊をしないと帰りの送迎バスには乗れない仕組みで、必ず1泊は小屋泊を必要となる。
また、利用券3000円は小屋代として差し引かれるので、1泊目の泊る際は小屋代マイナス3000円となる仕組みである。
尚)領収書が帰りの乗車予約券を椹島売店で貰うのに必要で大事な物となる。

13日
朝食は朝弁当にしてもらい、起きたらすぐに出発とした、林道をしばらく進むと、橋の手前で千枚小屋への登山道に左折して入る。
南アの大きな山域の特徴であろうか行き成りの急登を進むと荷上げ道路と並行して登るようになるが、なんか損をしている様な感覚になる。
尚も尾根伝いに登るとやがて頭上の木々の間に荷上げリフトのワイヤが見えると間もなく千枚小屋にたどり着く。
※まだ12:30で次の中岳避難小屋まで行こうかと思案するも、行くと5時頃の到着予想となり、小屋の迷惑も考えて千枚小屋泊として、また午後はマッタリであった。

14日今日は10時間30分の工程を進むため朝弁当で4:30にライトを付けて千枚岳目指して登りだす。途中でご来光と富士山・荒川岳・赤石岳のモルゲンロートを撮影して雪の降る前の最後の力で咲く高山植物を見ながら3000mの稜線歩きを楽しむ、さすがに3000mは霜が降りて居て冬の到来が近いと感じた。
また、中岳の避難小屋の親父さんと話したら昨夜は雪が降って薄らと積もったと聴きました。さすがに大きい南アの山並みを幾つも越えて登ったり下りたりを繰り返すとやがて荒川小屋に着き、他の人が注文の荒川丼とカレーライスを見て、旨そうであったが、行動食を減らさないと成らないので、クッキーを食べて、また、歩きだし、最後の大きな赤石岳に登り出す。小ピークを数回越えて漸く、赤石の山頂にたどり着いた。(すぐ下のカール状の台地に立派な避難小屋(有人小屋)が建って居たが、あと3時間の降りるのを優先して軽い食事と写真撮影で山頂を後にする。
疲れた膝や足に無理を言いながら歩かせること3時間コースであるが2時間で赤石小屋にたどり着き、また午後からマッタリとなってしまった。
※もう3日も午後の時間をマッタリと小屋での十分な夕食に酒が増えたのは言うまでも有りません。

15日
今日は3時間コースの尾根を下りるだけで有るので、小屋の朝食を4:30に頂き、5時にライトを付けて出発をする。
小屋の情報で入山の客が多いので臨時バスが出ると言うのでバスの整理券を椹島に到着順に貰うので各馬一斉スタートの様になって下山に掛かる。
※28人乗り中型マイクロバス3台とワゴン車8人乗り1台しか無い為、1度発車すると次は往復2時間の運行時間を待たないと乗れないので如何に早く着くかで乗れる順番が決まることになる。
途中2回ほど小休止で椹島に降り立ち9時臨時発が8時30発に早まり小1時間待ちでバスに乗れ、予想より早く帰宅をすることが出来た。

尚、赤石岳稜線も椹島も畑薙ダムも全て「静岡市葵区」の区内でこんな山奥まで葵区とは恐れ入った次第と国道も県道も山間を縫うようにジグザグに曲がって進む為、走っても走っても先に進まない道をしばらくぶりで味わった山行でした。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top