FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

奥秩父・古礼沢 

【山域】奥秩父 【場所】滝川本流~古礼沢 【日時】07年6月23(土)~24(日)
【メンバー】柘植・多田・小俣・石井・加藤 【天候】土=晴れ、日=曇り後雨
【6/23(土)】
豆焼橋8:30→11:30釣橋小屋12:00→(滝川本流遡行)16:45古礼沢と水晶谷二俣(泊)
滝川本流は3年前に末端(豆焼沢との分岐)から遡行したが、途中の釣橋小屋跡地からエスケープしてしまったので、今回がリベンジマッチだ。豆焼橋から釣人用?ショートカットルートで釣橋小屋跡地に下りる。3年前には蔦のからまった吊橋があったのだが、落ちてしまったのかもう影も形もない。前日は雨だったので増水を心配していたが、幸いそれほどでもなく、元気に出発する。しばらくは淡々とした渓想で癒し系の雰囲気。幕営敵地も随所にある。三本桂沢が左岸がから入るあたりから本格的なゴルジュになってくる。核心部と称される部分に到達するまでも我々にとっては決して容易ではなく、逆にかなり楽しませてくれる。よく写真に出てくる8m滝は
上部にFIXがあるが、使わなくてもそんなに困難ではない。その上の4m+2m滝は完全なツルツル壁を腕力頼みでトラバースする部分があり、女性にはきついようだ。残置シュリンゲが山ほどあり、足も入れられるが、そんなことをしているヒマがあったら振り子系で突破したほうがよいと思う。その先でブドウ沢を合わせるともう終盤かと思いきや、もう一箇所肝を冷やすトラバースがあった。そんなこともあり、古礼沢と水晶谷の二俣まで随分時間がかかってしまったが、安全第一、確実な確保は欠かせない。二俣には最高のテン場が整地されている。薪が少ないのが難点だが、みんなでかき集めて盛大な焚き火で本日の疲れをいやした。
【6/24(日)】
幕場6:45→(古礼沢遡行)11:40稜線→水晶山12:15→12:50雁坂小屋→15:55豆焼橋
右の水晶谷に分かれを告げて左の古礼沢に入る。古礼沢はところどころにゴルジュっぽいところがあり、滝もかけているが、全体としては優美なナメ沢だ。とくに上部には延々とナメ滝が続き、思わず歓声をあげてしまう。稜線に近づくと分岐がいくつもあるが、水量の多いほう、河床の低いほうをたどっていくとほとんどヤブこぎもなく水晶山と古礼山の鞍部付近に出られた。このころは小雨が降っており、はやく下界の風呂に入りたい50歳台は雁坂峠方面に直接向かうが、元気な30歳台1名は古礼山をピストン。雁坂小屋から黒岩尾根を下りて豆焼橋わきの出会いの丘に戻り、充実した2日間の沢旅を終えた。
スポンサーサイト



△page top

« 魚野川・北カドナミ沢
甲斐駒・黒戸尾根 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/151-3c09d420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top