FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

庚申山 

たけしたです。庚申山に行ってきましたので報告します。

【場所】足尾 庚申山【日時】6月22日夜行23日
【コース】銀山平5:50~庚申山荘8:10(25)~庚申山頂9:50(35)~
お山巡り10:50~猿田彦神社跡12:00(20)~銀山平14:15
【メンバー】小倉、菊地、廣瀬、東郷、清宮、竹下 【天候】晴れ
【内容】
22時千葉駅に集合し東北道ー宇都宮ー日光有料道清滝ー足尾に向う。
途中まで降っていた雨も止み空は満点の星が輝く。
渡良瀬渓谷鉄道間藤駅構内で仮眠を取ろうと1時チョイ過ぎに着いてす
ぐにパトカー巡回に出苦合わすハプニングあり。
尋問を受け、「気をつけて」の言葉にホッと胸をなでおろす。
早朝、銀山平に移動し行動開始。
駐車場はゲート手前に50台ほど止められる。(無料)林道を1時間歩く。
一の鳥居をくぐり、雨上がりの新緑が目に鮮やかに写る。
涼しい風が吹き抜ける苔むした雑木林の中を奇岩を眺めながら庚申山
荘に到着。山荘の裏手には真っ赤なクリンソウの大群落があり歓声があがる。庚申山に向け、岩稜地帯をコウシンソウの花を見つけながら登
るとチョット奥まった場所にピンクのユキワリソウの影にひっそりと咲くコウシンソウの群落を発見。穴があくほど見つめたり、カメラに収める。みんなの感想「ちょいとそこいらに咲いている花とはチョット違う、さすが天然記念物、見た者にしか分からない!気品があって・・・見られて良かった~」っと庚申山頂の先に展望台があり、皇海山、日光白根、至仏山、袈裟丸山などの展望あり。生憎男体山は雲の中。
大胎内まで戻り、いよいよお山巡り。鎖、梯子、鉄橋、ロープなどのある大岩壁を岩穴をくぐったり登ったりの変化に富んだコースで結構ハード。
岩にへばりつくピンクのユキワリソウの花が多い。コウシンソウの咲いている岩場を1箇所のみ発見する。
下山後、庚申の湯で疲れを癒す。つるつるした湯で露天風呂もある。
600円。
今市でうまい蕎麦を食べ、湯葉のみやげを買い、19時30分頃千葉に着く
梅雨の合間の好天に恵まれ、幻の花にも会え、とても充実した得した山
行でした。
スポンサーサイト

△page top

« 釈迦ヶ岳・鶏頂山
奥多摩・巳ノ戸谷 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/150-e62b23e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top