FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

鶏冠谷遡行◆写真 

ちば山 細谷です。
遅くなりましたが、鶏冠谷山行の報告をいたします。


07ナメの上で記念撮影
 [ナメの上で記念撮影]

【日程】H26.6.21(土)
【山域】奥秩父
【形式】沢登り
【天候】曇り
【メンバー】CL上茂、石橋、齋藤健、山本、細谷(記)
【行程】
千葉22:00~道の駅みとみ25:30
西沢渓谷駐車場8:00~鶏冠谷入渓8:20~魚止め滝8:50~逆くの字滝10:10~二股12:00~とりつき地点13:50~登山道14:30~駐車場17:00

【記録】

当初、沢中1泊で東沢釜ノ沢に行く予定であったが、日曜日の予報が悪いため、急遽日帰りで鶏冠谷に行くことになった。
前夜に千葉を出発し、1時過ぎに道の駅「みとみ」に到着したが、そこにはテントも張らず、シュラフのみで既に眠りについている者が大勢いたため、我々も早々に就寝した。

朝の天気はまずまずであったが、梅雨時ということもあり雨が降らないことを願って入渓する。
入渓後しばらくすると魚止滝が現れたので、右から巻く。その後、小さな滝やゴーロ、ナメをえながら進むとやがて逆くの字の滝に到着。
逆くの字の滝は、水勢が激しくフリクションも効かないため、リーダーにザイルを出してもらい、とりあえずクリア。さらに進んでいくと二股に到着し、平べったい大岩の上で小休止。
向かうは右俣であるが、右を巻くか左を巻くか。右側は懸垂下降も必要だということから、簡単な左側を選択し滝の上部に出た。

いよいよ鶏冠谷右俣のハイライトであるナメ地帯へと突入。岩床の上を水が小さい飛沫をあげながら、時より顔を出す太陽を反射させて、キラキラと流れている。ナメは岩が赤茶けてツルツルではあったが、周辺には緑をまとった楓が広がっており、紅葉時にもきっと見応えがあるのではと思った。
ナメは絶え間なく続いており飽きることはない。やっぱり癒しの沢は最高である。

やがて左手に40m大滝らしきものが見えてきたが、登山道への取り付き地点がわからない。
地図を見ながら支尾根らしい所からひたすら東に向かって直登すると笹藪から次第にシャクナゲの藪となり、けっこう手強い。40分ほどかかって戸渡尾根の登山道に出た。

この登山道はあまり歩き易いとは言えなかったが、途中でトレラン軍団に何度が追い越された。
なんとその先頭にいたのが公務員ランナーの川内選手であり、こんなところで会えるなんてびっくり・・・
徳ちゃん新道に入ると傾斜もゆるくなり、周囲のカラマツがとても綺麗であった。
車に着くとちょうど雨が降り始め、急いで白流の湯に向かった。
今回のルートは特に時間のかかった場所はなかったが、比較的長い行程となった。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。