FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

皇海山 

鈴木愛子です。
皇海山へ行ってきましたので報告します。

 
【山域】足尾山塊  
【ルート】不動沢コース 
【登山方法】ハイキング
【日程】2014年6月21日(土) 
【参加者】鈴木憲二 鈴木愛子
【天気】曇り
【行程】
6/21(土)千葉4:00⇒沼田IC⇒国道120号 追貝⇒皇海橋 登山口(駐車場)
9:00出発→二股→不動沢のコル10:25着 10:40発→皇海山山頂11:20着11:45発→不動沢のコル12:25→皇海橋登山口(駐車場)13:40着→道の駅 白沢 望郷の湯→千葉着19:40
 
【報告】

登山口に着くと綺麗な緑とセミの大合唱が私達を迎えてくれた。
登山口のトイレに下記の様なはり紙がしてあった。
「皇海山は遭難事故が多く、死者も出ている。赤布、道標をしっかり確認しながら歩いて下さい他…」
 
不動沢に沿って進む。赤布や道標は沢山あり、徒渉のたびに確認しながら歩を進めた。不動沢のコルまでに7回、徒渉した。
小さな滝があったり、岩を抱くようにして、へつって歩いた所があったり靴が水にかぶらない程度のちょろちょろ流れている沢の中を歩いた所があったり、変化があり良かった。
 
不動沢のコルでは南側に鋸山が見え、庚申山の方へ続くのだなと思った。
コルからはオオシラビソ、ダケカンバ等の原生林の中、歩を進めた。
 
頂上直下や頂上に、ミツバオーレンとミヤマカタバミが沢山咲いていた。
花は、登山口近くにヘビイチゴのような花と、コルより上にオオカメノキが一本あり、それが咲いていたのと、シャクナゲが数本あったが一輪咲いていただけであった。
 
頂上は木々に囲まれていて、あまり展望は良くなかった。
木々の間から、鋸山、袈裟丸山、赤城山ではないかと思われる山が少し見えた。
 
往路を下り、駐車場着13:40。
道の駅 白沢の望郷の湯で汗を流し、帰路に着いた。
 
皇海山は百名山の一つなので、登りたいと思っていた。
山を歩いていて感動すると、また来たいなと思うことが良くある。
しかし、皇海山は、木々の緑は綺麗で、沢は変化があり、それは良かったのだが、花は少ないし、展望が良くないので、一度登れば良いと感じた山であった。

 
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top