FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

富士山白草流し山スキー◆写真 

長池です。
富士山白草流し山スキー報告です。


24、お中道看板の向こうに白草流し
 [お中道看板の向こうに白草流し]

1、日時 2014.6.17(火)日帰り 晴れ時々曇り 中腹で7℃ 
2、メンバー 単独
3、タイム
 家2:30-5:30奥庭付近の駐車場6:00-13:00山頂-15:30駐車場

4、記録

・白草流しルートは多くの山スキーヤーに登られていて情報もある。
・ちば山では経験がなかったので最適シーズンは過ぎたが踏査した。
・取付きは奥庭駐車場の少し先、砂利敷き駐車場の対側にあるお中道への登り口である。
・石畳のお中道を越えて灌木帯に踏みこむ。10分ほどの藪漕ぎで広大な雪面に立つことができる。
・ひとけは皆無、遥か高みに聳える白山岳までひとり旅だ。
・気温が上がり雨も降った後だから雪面はガラガラで、良く言う“スプーンカット”ならず、“バケツカット”や“タライカット”と言っても良い大荒れの雪面だし細かい砂利混じりの黒い雪だ。
・最初はシールを付けたが荒れた雪面で滑るのでアイゼンに変える。
・白草流しルートは上部で左に青草流しを分岐する。白草流しの広大な雪面に比して幅狭い谷形で陰険に見える。
・2200mの取付きからほぼ一直線で白山岳3750mの肩に突きあげる。
・平均斜度25°気になるほどの急斜面はなく、長~いことを除けば取付きも容易で中級者以上に最適なルートだと思う。
・今日は余りに状態が悪くて滑降の快感はゼロだが、シーズンには良いフィールドを提供してくれるだろう。

 
【余禄】
・登っているとヘリが1機、私の頭上を旋回する。
 行ったかと思ったら、また、戻って旋回する。
 「何だよ?」
 FAXで提出した登山届が気になったのかな~?
 行ってしまってほっとしたら別の1機がまたやってきた。
 帰宅後、富士山で事故でもあったのかな?と調べるが無い。
 いったい何だったんだろう。
 
・下山後荷物を整理していると、隣りに「山梨県道路公社」の
 車が横付けし、制服のおじさんが降りてきた。
 お中道に“スキー、ボード禁止”の看板が出ているので
 “さては、このお小言か”と思いきや、山頂まで行ったのか?
 と、聞く。「行った」と答えると、“7、8合ならともかく
 山頂まではありえない”と仰る。でも「行った」と言うと
 “いくつだ?”と聞くから「71だ」と言うと、大仰に驚いて
 “それはすごい、私は62だがとても無理だ。その元気を
 もらいたいので握手してくれ”と言う。その後、冬の大雪崩の
 話やらに花が咲いて、最後に“もう一度握手してくれ”と。
  あっけに取られたけど、何だか嬉しくなってしまった。


+写真集へのリンク+
 
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top