FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

湯の丸高原(県連)ハイク 

八角です。湯の丸高原 17回県連「ウイークデー山行」の報告です。

日時 6月5日(木)
天気 午前 曇り 午後 雨
コース千葉NTT前6:15→関越道→地蔵峠駐車場→地蔵峠駐車場→キャンプ場→烏帽子岳分岐→ツツジ平→湯の丸山→地蔵峠駐車場→関越道→千葉NTT前17:30
参加者 菅井 寺崎 広木(国) 八角 (他、県連会員41名)


「雨音は琴の調べ」天気予報は雨。あやめや菖蒲のように雨が似合うかわかりませんが、雨ツツジに期待して千葉を出発。
高原に向かう明るく緑一色のなだらかな坂道をバスは心地よく進んでいく。車窓の景色にできれば天候がこのままもてばいいのだが、そう思っているうちにバスは湯の丸高原に到着。
すぐ登山の準備に取りかかりツツジ平を目指して駐車場を出発する。まもなくキャンプ場を過ぎたあたりでカメラを提げた数人のグループとすれ違う。花の咲き具合いについて二言三言交わす。まだ時期が早いようだ。諦めていたが、それでも山道から離れた奥に愛しい山ツツジを見つけることができた。

 ツツジ平と湯の丸山の分岐まで、天気は崩れなかった。ここから二つのグループに分かれ、われわれは湯の丸山に向かう。下山を含め90分。低山で、クマザサや樹木の間を登るが、頂上に着くと急に樹木がなくなり石畳のような頂上だ。
頂上は風が強く視界もわるかった。だだっ広い石のゴロゴロしたところに頂上を示す杭が立っていた。
山頂からの景色は望めず、雨まじりの猛烈な風でデジカメを出す余裕もなかった。

 花山行は、天候だけではなく開花の条件も合わないと難しいなと思って下山した。
バス停前の高原ホテルの温泉に直行し、ゆったり湯船につかる。湯上がりに一杯、花にはふられてしまったが山行の充実感に浸った。
例年、大勢の参加者を動かす企画、準備、担当者に感謝の県連ハイクであった。

スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。