FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

御岩山岩トレ 

小原です。
4/16のロープワーク机上講習、5/10のロープワーク実技講習会を経ていよいよ岩場で実践です。
事前に開催された2回の講習で覚えたことを復習し準備万端(?)
しかし実際の岩場は初めてで、右も左も上から下までわからない状態です。
楽しみ半分不安と緊張いっぱいでありましたが、ちば山ベテラン講師陣が多数いらっしゃるとの事でしたので、大船に乗った気分で岩場講習会に挑みました。

 
将棋の駒?

【山域】奥日立
【ルート】御岩山
【メンバー】CL平野 SL渡邊(三) SL樋口 住田 神山 萱野 内堀 齋藤(健) 辻本 富樫(正) 富樫(富) 古関 山本 小原(記)
【日程】5月17日
【天候】晴れ

【内容】

車3台に別れ出発。
日立中央PAにて合流し、木の根坂バス停駐車場に駐車。
全員で軽くストレッチ後、山頂へ。
緊張のあまり山頂まで35分ほどの登りでしたが、喉が張り付く程カラカラになってしまった。
山頂に荷物をデポし、岩場まで移動、岩からのぞく煌く綺麗な石が迎えてくれました。
2チームに別れ講習を開始です。
 
パワースポットらしき小洞窟?横でスタンバイ。
まずは、皆様の動き方を観察。
軽やかに登って行かれる様子を自分に重ねてイメトレします。が、
上まで到達できるイメージがわきません・・
 
不安一杯でありましたが、心強いベテランのTさんにサポートしていただきながら、最初の一歩を踏み出します。
あ、思ったより引っかかりがあってグリップもきくんだ、できるかも!
と思ったが甘かったです、途中で行き詰まりました。
ハーネスを直接引っ張り上げてもらいながら奮闘するも、なかなか上がれません。
もがきにもがき、大騒ぎしながらどうにか登りきることができました。
(登らせていただいたと言ったほうが正しいかも)
 
下降は、県連推奨のATCとバックアップをとっての下降を試します。
バックアップ部分の手を離すと停止するとの事で、気持ち的にも楽におりることができました。
 
あっという間に昼時になり、山頂に戻って楽しく談笑しながら昼食の時間。
午後に備えしっかり休憩をとりました。
 
午後からは場所を変え、現場までは4月の雪上訓練でも教わった半マストでの下降で向かいます。
どうやら記憶していた方法とちょっと違っていたようで、Hさんから改めて教えていただきました。
身につくまでには反復練習がまだまだ必要であります。
 
見た感じは午前中の場所より登りやすそうな雰囲気。
足の置き場をよく見て登るように教えていただきながら無事上までたどり着くことができました!
今までいっぱいいっぱいでよく見ていなかった、景色を見ながら達成感に浸ります。
 
さらに場所を変え、たしか地元の方が将棋の駒みたいな所?とおっしゃっていたかな?
初めての私には、どこに足を置くのかすらわかない程ツルツルに見えます。
ここはパスかなと思っていましたが、挑戦してみることに。
残念ながら予想通りの醜態を晒し、詳しくは割愛しますが、力強いサポートも虚しくすぐ敗退となりました。
 
あっという間に終了時間近くになり、最初の場所から山頂へ登り17時前頃、講習は無事終了。
若葉の隙間から西日がキラキラ揺らめく中、足取り軽く気持ちよく下山し、各車にて帰葉しました。
 
*縦走にも役立つからと参加した今回の講習だったのですが、
室内でもっと練習して、登れるようになりたい、リベンジしたいという気持ちが湧いてきました。
講師陣及びベテラン方々、手厚いご指導頂きありがとうございました。
そしてみなさまお疲れ様でした。

スポンサーサイト
講習・訓練・トレーニング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。