FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

丹沢・水の尻沢 

【山域】丹沢 【場所】大山三峰山東面:水の尻沢 【日時】07年6月2(土)
【メンバー】柘植単独 【天候】晴れ
【内容】煤ヶ谷9:20→平成の森10:00→入渓地点10:15→(水の尻沢遡行)稜線12:30→13:50煤ヶ谷
大山三峰山の東面には鳥屋待沢など登攀性の高い面白い沢がいくつもある。一番北よりの水の尻沢は特にガイド紹介もないが、この沢が平凡であるはずはないと思い、出かけてみた。人がほとんど入らないせいか、下部はやぶとクモの巣がひどい。これらをかきわけていくとバーンとこの沢の大滝といってもいい3段17mが登場。見たところ中段が厳しそうなので、大きく巻いて上の木にロープを巻き、懸垂で降りてからロープマンで登り返す。面倒くさいが、単独なので安全第一。中断はやはり厳しく、無謀に取り付かないでよかった。その上から滝が連続し始める。いずれも傾斜の強いナメか逆層のフェース状だが支点もないし確保してくれる人もいないので、慎重に通過していく。最後は井戸の底のような急傾斜のルンゼを登り、尾根にとりついてがんばると稜線に出た。ほとんど休まないで登ってきたのでバテバテ。おまけに靴を替えるとき手と足にヒルを多数発見。十分吸われてしまうと血もなかなか止まらず、とくに足は血みどろ。時間も早いので三峰山頂経由で広沢寺に降りようかとも考えていたが、一気にモチベーションが低下して煤ヶ谷に戻ってしまった。登山口には下山者向けにヒルチェックをして下界にヒルを移動させないことの注意書きと塩のタルが置いてあった。以前はこんなのなかったと思うのだが、最近下界で被害が増えているのだろうか?
スポンサーサイト

△page top

« 奥多摩・馬頭刈尾根
袈裟丸山 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/142-62a2b087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top