FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

岩菅山◆写真 

【山域】 北信
【登山方法】 雪山登山
【メンバー】 CL室 SL辻本 安岡 大木
【日時】2014年4月28日
【天候】晴れ
【コースタイム】高天原スキー場リフト終点7:45-8:35寺子屋峰 11:30ノッキリ-14:20林道-15:50保養所


08 いいネ、春山は
 [いいネ、春山は]

岩菅山は志賀高原の名山です。2年前の秋に登頂したこの山に、残雪期に登ろうということでお声をかけ計画しました。
北アルプスの人気の山と違って誰も入っておらず、トレースは無く、やせ尾根の雪庇にビビりながら(ビビっていたのは私だけだったが)へとへとになって歩きました(へとへとになったのも私だけだったが)。

リフト終点から、稜線越しのルートは順調に進みました。
山頂目前のノッキリで時間が11時を過ぎており、下山の時間を考えて山頂は断念。
ところがどこから下山したものか、トレースが全くないため不明。

地形図とコンパスは持って行きましたが、いかんせん経験不足の私では見当もつきません。
辻本さんが的確に読図し、メンバーを導いてくださいました。
途中、少しルートを外したりしましたが、そのときも大木さんのスマホに入っているGPSで現在地を確認することができ、無事日のあるうちに下山できました。

今回は残雪期の2000メートル級の、踏み後の無い山の読図の難しさを実感。
ちょっとは読図ができると自負していたけれど、まったくわからなかったことに愕然とし、辻本さんがいなかったらあわや遭難という事態だったと反省しきりです。
しかし、誰にも会うことが無く静かな山行を楽しむことができました。
(本当に我々のパーティだけでした)
もっと読図の勉強をして、安全にこのような残雪期の静かな山を楽しめるようになりたいです。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。