FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

新潟・御神楽岳と御前ヶ遊窟 

【山域】下越 【場所】御神楽岳と御前ヶ遊窟 【日時】07年5月26(土)~27(日)
【メンバー】CL柘植、SL竹下、大木、村野 【天候】晴れ
【内容】
5/26(土) 御神楽岳
栄太郎新道登山口7:00→湯沢出合8:15→高頭→湯沢ノ頭→12:20御神楽岳12:50→15:00
室谷ルート登山口前日までの悪天候と打って変わって晴天のもと「下越の谷川岳」とよばれる御神楽岳を登った。主なルートは3つあるが、そのうちかなりハードそうだが、名だたる岸壁群を見ながら登れる栄太郎新道を選ぶ。まず度肝を抜かれるのが湯沢出合からの眺め。残雪を谷底に光らせてものすごいスラブが一挙に立ち上がっている。湯沢はいつかは登ってみたいと思っていたところだが、そんな思いは簡単に消し飛んでしまう迫力だ。結構苦労して主稜線から湯沢の頭にたどり着くと、御神楽岳本峰を取り囲む御神楽沢の広大なスラブ群が目に入る。ここはなんとなく陰鬱な感じの湯沢とは違って開放的な明るさに満ちているのだが、登ろうとかいう気にはなれないのは同じ。計画では往路をそのまま戻ることになっているが、あの道を下るのはかなり頭が痛い。そんなことを山頂で話していたら、単独で来ていた登山者が初心者向けの室谷口へ下るというので、お言葉に甘えて一緒に下り、クルマを回収させてもらった。夜は道中採取した豊富な山菜を天ぷらにして舌鼓をうつ。

5/27(日) 御前ヶ遊窟
登山口6:30→シジミ沢出合8:30→10:30御前ヶ遊窟(岩頭ピストン)11:30→(ソウケイ新道経由)14:00登山口
下越には標高は低いがスラブが発達した山がたくさんある。その多くは一般登山の対象にならないが、御前ヶ遊窟はそれなりにロープやクサリがセットされてコース化された貴重な存在だ。登山口からルートとなるシジミ沢出合まで1時間45分、このあいだも両岸にはスラブが見え始めて緊張感が高まる。シジミ沢は最初は水の涸れた沢登りだが、やがてスラブが始まる。ここから遊窟まで標高差400mのスベリ台が始まる。今日は全員運動靴で来ており、力量に応じてコースを選ぶ。スラブはそこそこ急だが、フリクションがよく効くので、ロープクサリを使用しなくてもかなり上までフリーで登ることができる。上部は相当急になるので、右手の潅木帯から回り込むと遊窟に到着。ここに荷物を置いて上部の大岩塔を左から回りこむように登ると360度の大展望が広がる山頂(名無し?)に到着。見渡すと周囲の山はスラブだらけ、これらが1000mに満たない山々だなんて信じられない。慎重にソウケイ新道を下降して、クルマにたどりついたころ見計らったように雨が降り始める。この2日間、好天のもとすばらしい山を味わえたことを感謝しつつ帰路についた。
スポンサーサイト

△page top

« 丹沢・早戸川 原小屋沢
富士山・富士吉田口 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/140-9264d7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。