FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

木曽駒 

菊池@ちば山の会です。

【山域】中央アルプス
【場所】長野県、千畳敷カール~木曽駒ヶ岳周辺
【日時】2007年5月27日
【天候】曇り時々晴れ、気温稜線~頂上付近3~5度
【メンバー】CL菊池(TM)・長池・岡田・原:平均年齢55歳
【行程】 千畳敷(2650m)-木曽駒ヶ岳(2956m)-東斜面を標高差約400m滑走ー伊那前岳への稜線(2911m)ー南斜面標高差約250m滑走-千畳敷-極楽平-西南斜面を標高差約200m滑走-極楽平-東斜面標高差約250m滑走ー千畳敷

 千葉から約3時間半で菅の台駐車場着、7時12分の始発バスに乗車できた。
 累積標高差約1100mをアイゼン登行、ザラメの中央アルプスを4本の分割滑走で堪能した。天気は千畳敷に到着した時と、極楽平に登るころから晴れとなったが、それ以外は曇りから薄日が射す程度であり、気温も下界の高温に比べやや低温であった。(一瞬小雪が舞った)千畳敷でTバーリフトを利用して楽しむスキーヤーとボーダーが数十名、山スキーは我々のパーティ以外は数名と少い。木曽駒の東斜面は標高約2600mの緩斜面に移行する直前には35~40度の豪快な斜面があるが、きれいな雪面と良質ザラメで最も楽しめた。木曽駒の頂上直下に見下ろせる北斜面(下部は沢状)もおいしそうな超大な斜面であり、雪の緩むタイミングを狙って次回には挑戦したい。
伊那前岳への登りは北斜面のため、稜線に近づくにつれ、下が硬い雪質が多くなり、早い時期や低温の時には、苦労すると思われた。稜線から千畳敷までの上部35~40度のバーンは南斜面のため、やや雪面が荒れており、狭いクラックが数本みられた。極楽平の西南斜面は三ノ沢岳を目の前に気持ちよく滑走できる中斜面、千畳敷までの東急斜面も雪面の状態がよく、山スキーの終焉を飾るにふさわしかった。
 今年は当初少雪といわれていたが、標高2500m以上は豪雪の昨年より残雪が多く、特に富士山・南アルプス・中央アルプスにも高所では残雪が今だ十分である。気象状況・滑落には十分注意して、いましばらく山スキーシーズンを終わらせる訳にはいかないようである。
スポンサーサイト

△page top

« 袈裟丸山
丹沢・早戸川 原小屋沢 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/139-3dbef040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top