FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

木戸山~相ノ倉山◆写真 

白川です。
群馬県四万温泉付近の木戸山~相ノ倉山に行ってきました。前日に降った雪で3月でもふかふかの雪の上を楽しめましたが、最後の約3時間の林道歩きは大変でした。


H260322-23 木戸山~相ノ倉山 木戸山の山頂
 [木戸山の山頂]

【山域】奥上州
【コース】木戸山~ 相ノ倉山
【形式】雪山登山
【日程】3月22日~23日(前夜発)
【天候】晴れ【参加者】柘植、内堀、石橋、白川
【記録】前夜 道の駅おのこにて仮眠。    
3/22 四万温泉駐車地点8:30→渡渉地点8:45→木戸山直下幕場13:50→14:10木戸山→14:30幕場
3/23 幕場6:30→相ノ倉山9:15→林道10:35→13:20四万温泉駐車地点


[3月22日]
 ・四万温泉付近は一面雪景色。ノーマルタイヤでの走行に緊張しつつ、駐車場へ無事到着。民家の脇を通り林道から尾根に向かう。昨日に雪が降ったようで、ふかふかの雪に、ずぼずぼ足をはまらせて歩く。雪山初心者の私はそれだけで少しわくわくする。歩きだしてすぐ渡渉のポイントへ。この雪の中、裸足で渡る覚悟をするがなんとか靴のまま濡れずに渡れ一安心。
 ・渡渉後は尾根取り付きの急坂を登る。斜面は雪は深くないが雪下の落ち葉もあり、滑る。慣れない私は一人でよく滑って登れず、アドバイスをいただきながら登る。木にザックがひっかかったりと苦戦。時折、上からの雪爆弾に襲われる。雪深くなり膝下くらいになるところも。雪の分だけ足を高く上げて歩かねばならないことに気づき、雪山歩きの大変さを実感。先頭のリーダーがつけてくれた足跡のおかげで歩きやすい。ただ感謝感謝で後に続く。
・中腹からわかんを装着。沈みこまない歩き心地に感動するが、疲れか足の重さか、足取りが重くなっていることに気づく。てっぺんの見えない急坂を何度か登り、すっかり疲れていた頃、リーダーから「いい景色だ」との声。振り向くと周囲の山々に囲まれた絶景が広がっていた。晴天に雪景色の山が映えてきれい。遠くに真っ白な浅間山が見える。少し力が湧く。
・木戸山肩の幕場へ到着。テント設置後、空身で木戸山山頂へ。約20分の道乗りであったが、疲れの為か遠く感じる。山頂は展望はそれほどなく木々の中の平坦な場所だった。表札のような手作りの小さい看板が出迎えてくれた。
・夜は風が強かったようだがテントの中は天国。群馬市街の夜景も遠くに見えた。
 
[3月23日]
・相ノ倉山への道のりは、昨日ほどの急坂ではないがアップダウンを何度か繰り返していた。昨日幕場手前から見えていた雪庇の脇を進む。近くで見ると屋根のように張り出している。近づかなくてもなんだか怖い。
・相ノ倉山周辺はシャクナゲの木が群生していた。冬でも葉が枯れずについているのが不思議だ。今日も雪はふかふかでわかんを装着するが、笹や藪に足を取られる。相
ノ倉山頂も木戸山と同様な看板で山頂と知る。順調に到着。
・林道に向かい下山するが、谷のような急坂にぶつかる。リーダーが他のルートを見つけてくれたが、人が通るのを拒んでいるかのような藪の中を突き進む。ザックやストックを放り出したくなりながらなんとか突破。
・藪や急坂をぬけ、林道へ到着。ここからは平坦な道のりでほっと安心。林道も雪が積もりわかんのまま歩くが、雪がない場所も。“もういいか”とはずすが、再びズボズボに。つけたりはずしたりを繰り返し、すっかり疲れていたが道のりを見るとまだ半分。後半は会話もなくただひたすら歩いていた。下山後の林道がこれほど大変とは。駐車場に到着後、車内で待っていたから揚げは最高に美味しかった。
・下山後は岩櫃城温泉不動の湯へ。お城のような立派な外観だが、町営というのに驚き。入浴料400円で食事も美味しかった。

雪山登山に緊張がありましたが、アドバイスやサポートを頂き、無事に楽しく登ることができました。柘植さん、内堀さん、石橋さん、ありがとうございました。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。