FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

黒斑山スノーハイク◆写真 

高地です。黒斑山スノーハイクの報告です。
(追伸は、内掘さんより)


8黒斑山頂1
 [黒斑山頂]

【山域】浅間山周辺
【ルート】 車坂峠~黒斑山~蛇骨岳
【日程 天候】3月9日(日) 晴れ
【登山方法】 スノーハイク
【メンバー】CL内堀 SL辻本 石井 富樫(富) 澤田(路) 斉藤(一) 山内 高地(記)
【行程】千葉5:45=高峰高原ホテル駐車場 ~車坂峠(10:00)~トーミの頭(12:00)~黒斑山(12:25)~蛇骨岳(13:10)~黒斑山~駐車場(15:40)

【内容】

千葉駅発、四街道駅発と車2台で出発し、高坂SAで合流、関越自動車道は渋滞なく予定通り、高峰高原ホテル前駐車場に到着しました。
雪はたくさん積もっていましたが、ふみ跡はしっかりついているとのことでワカン、アイゼンは背負って、登山靴でしばらく登りました。
車坂峠(2000m)前日まで曇り予報でしたが、風もなく穏やかな晴天となり、青空に雪景色が美しく、うきうきスノーハイクのスタートです。

しばらく登っていくと暑くなり、ザック下ろして衣類調整、登りは表コースからで樹林帯の切れ間からアルプスや上信越の山々が美しく見えていました。
その先しばらくすると、目の前に浅間山がドーンと現れて、赤ゾレの頭に着きました。
このあたりから外輪山の尾根を登って行きます。
展望がよく、めまいがするほどでした。

このあたりでアイゼン装着。
アイゼン2回目、サイズも合わせて詰めて行きました。
ワカンは買ったばかり、装着の練習をしていきましたが、今回は使用しなくてもいい状態でした。
トーミの頭(2300m)の方を見ると何人かが降りてくるのが小さく見えました。
本当に見晴らしがよくて、どこを歩いていても楽しいコースです。
急坂に見えましたが、実際行ってみると、ゆっくり登れば大丈夫、この先登りが続き息切れしましたが、黒斑山(2404m)到着し、浅間山バックに記念撮影して、黒斑山は浅間山方面しか景色は見えず残念。時間が予定通りのため蛇骨岳へ向かいました。

黒斑山~蛇骨岳の稜線はすぐ右側が崖で、スリルです。ひたすら用心して歩きました。
爆裂火口跡がクッキリ見え、その当時の爆破の状況や浅間山の大きさが容易に理解できる。
低い木をくぐるような道は、枝にニット棒や荷物が枝に引っかかり、枝が跳ね返ってきたり雪が落ちてきたりの中進みました。
蛇骨岳(2366m)山頂は広々として、黒斑山より人も少なくこちらも絶景、300°の景色で少し樹林帯で隠れているが黒斑山に比べ景色は最高である。その先の仙人岳や鋸岳に繋がるルートもしっかりトレースがついていた。人が沢山入っていることが判る。しばらく休んで、行動食をとったり、風景を写真に収めたりしました。
黒斑山にもどり、帰りはトーミの頭~トーミの口から中コースで、谷あいの樹林を下り車坂峠に戻り、駐車場に着きました。車に荷物を置いて、高峰高原ホテルで日帰り入浴@500にてさっぱりした後、帰路につきました。横川SAに寄り、大混雑の中夕食をとり、帰りの高速道路で大渋滞が発生しているということで、それを避けての北関東道・東北道ルートのコースでの長い長い帰り道、運転大変お疲れさまでした。
また、アドバイスなどいろいろいただき山行に参加するたび勉強になります。
みなさんありがとうございました。

追伸
浅間山(あさま)と富士宮浅間大社(せんげん)の意味は違うのか疑問に思うのは私だけだろうか?
調べてみると、「あさま」は火山を示す古語とされる。富士山の神を祀る神社が浅間神社(せんげんじんじゃ)と呼ばれるのも同様の理由であり、阿蘇山の「あそ」も同系のことばであると言われる。浅間山も多くの山々と同じく、古くから信仰の対象となっており、浅間神社(通常の浅間神社(せんげん)とは祭神が異なる)が鎮座している。
浅間神社(せんげん)は富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、または浅間神を記紀神話に現れる木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)と見てこれを祀る神社である。
また、黒斑山は浅間山第一外輪山の最高峰に位置する。黒斑という山名の由来はあきらかではないが、東側の急崖である旧火口壁をはじめとして、随所に出現する黒味を帯びた岩石がその理由ではないかと容易に想像できる。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。