FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

富士山・富士吉田口 

【山域】富士山 
【場所】富士吉田口からの山スキー 
【日時】07年5月20(日)
【コース】登り:スバルライン5合目2304m駐車場(6:40)→本8合目3450m(11:30)
     下り:本8合目滑走開始(12:04)→滑走終了2450m(12:50)→5号目駐車場(13:50)
【メンバー】渡辺、鶴田、岡田 
【天候】晴れ・風強し
【内容】昨年の富士山初山スキーに感動し、今年も参加。当初ツボ足組も含めて10人程度の参加者がいたが、様々な事由により、山スキー3名で河口湖ICに向かう。朝方は快晴で、中央道からの富士山の風貌には、ただただ、見惚れるばかりである。

富士山5合目の駐車場に着くと、好天につき、雪を抱いた南アルプス・八ヶ岳など様々な山が見渡せる。駐車場にはすでに数組の山スキーヤーが準備をしていた。
5~7合目まで、火山岩の小砂利混じりの登山道が続く。ここまで雪は沢筋など、部分的だ。7合目からはアイゼン装着。高度を増すにつれ、風が強くなり、雪が固くなってくる。8合目からは寒さのため、持っていたすべての衣類を着込む。しかし、本8合目を過ぎて50m程進み、あまりの風の強さに登頂を断念。本8合目の小屋の陰で風を避けながら、下山(滑走)の準備をする。

この高度の雪は、雪が解けて再び凍ったテラテラ雪で、ちょっと滑ると、ザザーと、氷の小塊が雪面を滑り落ちていく。高度3000mを下がるまで、斜度と雪が少し緩い須走口の方へ滑り、途中から斜めにトラバースしながら、富士吉田口の方へ戻る。高度2800m以下になると、滑りやすいザラ目となり、ここからやっと華麗な(?)テレマークターンができるようになった。

夏道下山道に到着した所で滑走終了。ここから5合目駐車場までスキーを担いで歩く。気持ちの良い登山道で、終始晴天、河口湖・山中湖を見下ろせた。

5合目に戻ると、朝方とは打って変って、ここは観光地と化し、乗馬や外国人などの観光客でごった返していた。富士山を振り返ると、遥か彼方上方、黒い点々が下に向かって降りてくるのが見える。

来シーズンも、また来るぞ!と、富士山に挨拶をし、スバルラインを後にした。

                   (報告:渡辺トシ)
スポンサーサイト

△page top

« 新潟・御神楽岳と御前ヶ遊窟
富士山山スキー・富士吉田口 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/137-cd4ad863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top