FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

三峰神社周辺雪山ハイク◆写真 

井上志津子です
こんにちは
今年度役員の皆様いつも大変お世話になり感謝申し上げます。

 昨年秋の奥高尾縦走の苦労を忘れた頃、孫のKが「僕、雪山へ行ってみたい」と言うので、私も雪山経験は少ないながら、1月に三峰雲取縦走(菅井さんL.)をした時の登山口周辺ならと再訪してついでに、「三十槌のつらら」を見物する計画を2月2日にたてたが、天候不良で中止となり、再度計画致しました。


030.jpg

【山域】奥秩父 三峰神社と三十場
【山行日】2月11日(火)  【天候】晴れ
【メンバー】井上志津子、?手一真(小四男子)
【コースタイム】
往路: 柏6:20―池袋特急7:25―8:52西武秩父バス9:10―10:25三峰神社―奥宮12:00
復路: 三峰神社バス12:45―13:15三十場―15:30大滝温泉前バス17:15―西武秩父

【報告】

常磐線が遅れて、池袋から特急に乗ることになり、快適に西武秩父駅に着いた。バスは定時に出て、見覚えのある道を登って行く。
両脇の雪は8日が大雪であったためはるかに多い。三峰神社バス終点でスキーウェアなどで雪対策をして、歩き始める。Kはどこでも行けると走り回っている。
踏み跡をたどることは言わないで、行きたい意欲を優先にする。やがて先頭も疲れてきて、ラッセル交替する。ほどなく奥宮の鳥居に着き、雲取山へは直進であるが、登りは12時までとしていたので、左折して奥宮の杉並木を膝までの雪をかき分けながら、向こう側の景色を観に進んだ。

2時間に1本の帰りのバスが気になるので、2時間足らずの雪山体験であった。
三十場(みそば)のバス停から戻ること10分ほどで、「三十槌の氷柱」に着く。つららを観ながら大休止。
水際は凍っており、Kはトレッキングシューズに軽アイゼンをつけると、滑らないで歩けることがわかりしばらく歩きまわった。
持ってきたもので昼食を済ませ、大滝温泉まで歩き始めたが、途中から親切な方の車に乗せてもらい次のバスまでゆっくり入浴することができた。
(大人600円、子供300円)

雪にも天候にも恵まれ、山好きの孫と楽しい1日を過ごすことができました。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。