FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ネパールトレッキング◆写真 

こんばんは。たけしたです。

年末年始の連続9日間の休みを利用してネパールのアンナプルナ・ダウラギリ山群のパノラマトレッキングに行ってきました。
トレッキングは5日間で、すべてロッジに泊まり、シェルパ達が作ってくれる食事はある程度日本人用に作ってくれたのでペロリと平らげてしまうほど食欲があった。お正月は手巻き寿司とお汁粉の日本食にバーべキューと言う豪勢なご馳走だった。

我々の重い荷物はロバが運んでくれたので、日帰りの軽い荷物でトレッキングができました。
急な石段の昇り降りをストライキも起こさずに良く働いてくれたロバに感謝!!

現在ネパールは乾季であり、この時期ならではの8000メートル級の山々の展望が最高に望める時期である。
我々は最高の展望を堪能できた。朝晩は冷え込み、シュラフの中に湯たんぽを入れて寝たので寒さは感じず快適に過ごせた。

日中は26度ほどの陽気で小春日和気分で、朝晩の寒暖の差が激しく、衣類の調整が必要だった。
ツアートレッキングで痒いところに手の届いたお姫さま山行でした。

今度はエベレスト街道をトレッキングしたいと思っています。


06、アンナプルナサウス・マチャピチャレがだんだん近ずく
 [アンナプルナサウス・マチャピチャレがだんだん近ずく]

12月27日 羽田空港発 カトマンズ(泊)

12月28日
 カトマンズ空港からポカラ(泊)

12月29日
トレッキング1日目ポカラから専用車でナヤプルへ シェルパ達とトレッキング開始。
モデイ渓谷沿いの道をシャウレバザールの上村(1170m)へ。
さらに段々畑の斜面に作られた石畳の道を登り、ゆっくりとグルーン族の村ガンドルン(1950m)に到着。
ロッジの目の前にドカンと8000m級の山々が夕日に輝いていた。

12月30日 トレッキング2日目
アンナプルナ・サウス・マチャプチャレの山々を間近に眺めながらゆるい登りをタダバニ(2650m)に早い到着後、ゆっくりつくろぐ。

12月31日 トレッキング3日目
シャクナゲの森の中を歩く。約10m以上も聳える大きな木が群生しており、真っ赤なシャクナゲの花が咲くらしい?シャクナゲの赤い花が1輪狂い咲きしていた。
大きな滝のある沢沿いの山道をデウラリ峠(2990m)に向かう途中、雪がチラホラ降ってきた。
シャクナゲの尾根街道をゴラパニ峠(2895m)へ。ダウラギリ方面の展望が開けているはずであるが残念ながら雲の中であった。

1月1日  トレッキング4日目
早朝発 好展望の丘プーン・ヒル(3194m)で朝焼けのダウラギリ1峰(8167m)、アンナプルナ山群(8091m)マチャプチャレ(6993m)の素晴らしいパノラマを堪能。
ロッジに戻り朝食後、ジョムソン街道の石段をヒレ(1500m)まで高度を下げる。

1月2日  トレッキング5日目
山々を振り返りながらナヤプルに戻る。ナヤプルより専用車でポカラ。ポカラ空港からカトマンズ(泊)

1月3日  
午前中フリータイム。カトマンズの街を散策。約2、30年ほど前の日本のようである。
至る所で道路工事をしているためマスク使用。蕎麦会席の昼食。
夕方カトマンズ空港からソウル空港へ。

1月4日
  ソウル空港から羽田空港。



+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
海外 /  Trackback -- /  Comment --

△page top