FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

錫杖岳前衛壁左方カンテ◆写真 

木更津の樋口です。
こんばんは。

牧野さんと錫杖岳前衛壁の左方カンテを登攀しましたので簡単ですが報告します。
錫杖沢出合にテント泊りで登攀するパーティーがなく、別の先行パーティーと私たちの2パーティーのみ、静かな登攀となりました。ピトンやハンガーはほとんどなく、基本、ランニングビレイはリードがナチプロをセットし、セカンドがナチプロを外して登攀します。
登攀中、後ろを振り向くと槍穂高連峰がバッチリみえます!。背を向けて登攀することにちょっぴり残念。


【日時】2013.8.11
【山域】北アルプス南部 
【山名】錫杖岳前衛壁左方カンテ 登攀
【形式】アルパインクライミング 
【参加者】CL樋口、牧野
【行程】
2013.8.11 
   槍見温泉露天風呂 06:50発 
   錫杖岳前衛壁      08:30着
   左方カンテ       09:20登攀開始
            12:25登攀終了


08 登攀終了点_R
 [登攀終了点]

【内容】
槍見温泉への細い車道を少し歩くと、笠ヶ岳への登山ルート、クリヤ谷登山道に出合う。
クリヤ谷を渡ってしばらくすると、錫杖岳がちらりと顔を出す、錫杖沢との出合となる。
ここで、クリヤ谷登山道からそれて、錫杖沢を詰めるが、結構荒々しい昇りで息が切れる。
基本左岸を昇ってゆく。沢から右へそれて急な樹林帯を登り詰めると、前衛壁にぶつかる。

先行パーティーが左方カンテ取り付き点に到着したばかりのようで、しばらく待つ。
結局今日は、2パーティーのみであった。のんびり登攀しよう。
でもねぇ~、登攀開始すると、休みなく一気に昇っちゃうんだ、ばたばた慌ただしく。

ダブルロープ50m2本、奇数ピッチは樋口リード、偶数ピッチは牧野リードのつるべ登攀で。
錫杖岳前衛壁左方カンテ登攀のスタートです。

<1ピッチ目>
 岩に覆われたガリーを昇る、草付き混じり。(下山時はクライムダウンしたので、そんなに難しくない。

<2ピッチ目>
 1ピッチ目よいも両岩が狭まってきて大きなクラックというか岩溝を昇る。やっぱしさぁ、セカンドは楽だわ。

<3ピッチ目>
 ぶっとび!。フェースを右上に昇る。体が一瞬宙に飛び出しているような浮遊感を覚える。まずい!。カムを1つセット、その次のランニングビレイ点で持参している中で最も小さなカムをセットしようとするも、クラックが浅くて効きやしない、そこでマッキー、「そこさぁー、もっと小さなカムかナッツじゃなくちゃセットできん。」
おいおい、おおきくランアウトじゃん、ビビッて動けなくなるまえに前に突っ込んじゃえー、と回り込むように前進。
そしたらホールドあって飛びついた。難関突破。先の見えない出たとこ勝負っていう感じでした。リードは恐ろしい。

<4ピッチ目>
 先行パーティーが譲ってくださり、後発の我々が先行することに、マッキーがチムニーに呑み込まれる。
濡れていてぬるぬる、滑りそう、マッキーごめんね、辛い姿勢でカムをセットしている、よかったセカンドで。
先頭を譲って下さったパーティーと会話する。どうもジモティ―の常連さんのようです。
千葉から来たと告げると、ここまで来る?~という呆れ顔された、はいはい谷川岳だよね関東人は。
ここのチムニーに残置カムがあるとのこと。確かにありました。

<5ピッチ目>
 ここは、左のフェースを昇るんだけど、結構ホールドが細かく、なかなか前進できない。
ボルトが一箇所あって、それが少し遠くて、スリング通してランニングビレイ点を作った。
あんまり余裕がないけどほとんどフリーで昇っていくような。
この先のルートで正規ルートは直上ですがガリーをトラバースして難しいルートに侵入。

<6ピッチ目>
 ジェードルルートに突入。基本コーナーで途中ハングしている箇所がある。
ここは、ピトンがたくさんあるけれど、恐ろしいことに木製のくさびが割れ目に打ち込まれているじゃありませんか。
レイバックでなんとかいけるもルーフのようなハング手前まで行き詰まる。リードのマッキーが苦戦している、こりゃやばい。
ハングを乗り越えるとレスト地点がある。でももう腕力を使い切っちゃって俺はテンション掛けまくりで、終了点にたどり着く。
これが、とても終了点らしからぬ終了点で立っているのが辛くて。

そこから捨てスリングをセットして直ちに懸垂下降。マッキー頼りですから、もう力尽きました。
取り付き点まで無事に降りてきたところで、握手を交わす。

クライミングって楽しいね。
マッキーに感謝、やり応えありすぎでしたが、マッキーは「あらたなる課題ができた」と、鍛えてまた挑戦することを誓っているようです。
また、「次は樋口が他の誰かと正規ルートを再登攀すればいいじゃない」と。
俺は、正規ルートで再挑戦しそれからジェードルルートをやればいい。。。。。
それそれのレベルに応じた目標に向かって。

以上、アルパインクライミング 錫杖岳前衛壁左方カンテ 登攀 の報告でした。


 
+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。