FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

金峰山・瑞牆山◆写真 

白川です。
集中山行ではありがとうございました。金峰山・瑞牆山の報告をいたします。

 
IMG_1897あ

【山域】奥秩父  
【コース】富士見平~金峰山・瑞牆山  
【形式】テント泊縦走
【日程】10月12日~13日(出発日11日)  
【天候】晴れ
【参加者】 
 12日 CL田中、SL菅井、SL鈴木愛子、村尾、石井、内堀、白川
 13日 CL菅井、SL村尾、鈴木愛子、石井、内堀、八角、田上、白川
【記録】 
12日 瑞牆山荘駐車場6:25~富士見平(BC設置)8:05~金峰山山頂11:50~往路を下山~富士見平15:30(BCキャンプ泊)
13日 富士見平(BC)7:10~鋸岩~瑞牆山山頂8:55~往路を下山~富士見平11:30(BC撤収)~瑞牆山荘駐車場12:30
 

【12日 金峰山】
 瑞牆山荘駐車場にて前泊し、早朝富士見平へ。テントや食料やらを積んだ田中さんの荷物の量に驚愕。持たせてもらったが持ち上がらず・・・。皆さんより荷物小さめな自分は申し訳ない気持ちで歩く。
 富士見平のテン場にBCを設置し、金峰山へ出発。まだ紅葉は早いようだが、青空を背景に黄色く色づいた葉とナナカマドの赤い実がとてもきれいだった。巨岩の塊、大日岩を過ぎ樹林帯をひたすら登る。稜線へ出るとゴツゴツとかっこいい瑞牆山と金峰山山頂の五丈岩が見えた。景色を楽しみながら歩くが、山頂は見えるのになかなか着かない。山頂に近づくにつれ岩場も増え、緊張するが、表面がザラザラと滑らない岩だったので岩が苦手な自分でも楽しめた。
 山頂は、三連休だからか人であふれていたが、眺めは最高。五丈岩登りに挑戦していた5、6人の子供や若者をハラハラした気持ちで眺めながら休憩をとる。
 
 下山は夕べの睡眠不足で眠気に襲われるが、楽しい大人の話題で盛り上がり目が覚めた。
 富士見平BCに戻り、すぐ夕食の準備。水場は歩いて5分未満の所にあり、冷たいおいしい水があふれていた。
朝よりテントがいっぱいに埋まっており、小屋に一つしかないトイレは行列をつくっていて女子には不便だった。
夕食は石狩鍋とサラダをおいしくいただいた。6時には就寝となり長い長い夜となった。
 
【13日 瑞牆山】
 たっぷり寝て4時半に起床。朝食は鍋焼きうどん。山の上で食べられるのはうれしい。
八角さんと田上さんが合流し、田中さんは懇親会準備の為下山。テントを片づけ瑞牆山へ出発。
歩きはじめてしばらくすると林の間から瑞牆山が間近に見えた。一時間程歩くと岩場の連続で手を使ってひたすら登る。山頂が近づくと巨大な岩が迫って見え迫力がある。
快晴で昨日より空が青く見え、山頂からは富士山、南アルプス、八ヶ岳、金峰山山頂、遠くの山々もはっきり美しく見えていた。早く帰るのがもったいない程で、ゆっくりと景色を楽しんだ。
 
 昨日に続き山頂は人で溢れていたが、昼が近づいた帰りの道中の混雑は凄かった。渋滞で度々道がつまり、登り下りとも道を譲りあいながら進んでいた。いろいろな人が登るんだな~とすれ違う人達を見ていたが、やっと歩いてるくらいの3,4歳ぐらいの男の子が四つんばいになって岩場を登っているのには驚いた。負けてられん。
下山後の瑞牆山駐車場は70~80程停められそうな駐車場は満杯で路肩も数十メートル先まで両側いっぱいに車が止まっていた。
 
三連休で混んでいたが、天候に恵まれ気持ちのいい山歩きができ、すばらしい景色を見ることができた。
 
 下山後は増富の湯へ立ち寄り、懇親会へ。
 
楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top