FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

鷹ノ巣山 

辻本です。奥多摩の稲村岩尾根でトレーニング山行をしてきました。
早春にパーティに迷惑をかけたが、リベンジが出来たように思います。

 
【コース】東日原~稲村岩尾根~鷹ノ巣山~石尾根~奥多摩駅
【日 時】平成25年9月29日
【山行タイム】東日原(09:00)~巳ノ戸橋(09:15)~稲村岩鞍部(09:55)~ヒルメシ食いのタワ(11:30)~鷹ノ巣山(11:53)~奥多摩駅(14:50)
 

5時22分発の普通電車は、御茶ノ水に6時12分に着く。同ホームに特快が待っている。立川着は6時48分。青梅行が6時52分に発車。ここまで全くスムース。しかも車内にハイカーがいない。静かな車内だ。検索した電車と違う。「ほうら、俺の勝ちさ。乗り換え案内にも抜け落ちがあるのだ!」
青梅着は7時27分。勝ち誇ったのはここまで (ー_ー)!! 
奥多摩行は30分弱待たされて、7時52分発!
この電車にはハイカーがドドーッと乗っている。あまちゃんは自分だった。
 
奥多摩着は8時半。東日原でバスを降りたのは9時。3時間40分かけて登山口に着いた。
東海道新幹線なら広島の手前まで。東北新幹線なら青森に着いている。
「何とかしてよ~~、千葉のハイカーのためにホリデー快速を千葉発に!」
 
バスを降り巳ノ戸橋へぶらぶらと。橋を過ぎ登りにかかる前で長袖を脱ぎ、準備にかかる。
このコースは早春の残雪登山で足を数回攣らせ、みんなに迷惑をかけた。
「前期高齢者なんだから、ゆっくりとね。」自分に言い聞かす。
 
稲村岩鞍部で1時間。一服入れノドを潤す。ここからも急登の連続で、1320mあたりで1時間。ここで行動食を摂る。パインを口に入れると、これが甘い香りを誘い、何度追い払っても虫が襲ってくる。
行動食、パイン、ストック、そしてリポビタンDの助けを借り、急登をマイペースで登る。毎度お馴染みの息切れが出ない。
 
ヒルメシ食いのタワから先はさらなる急登。前回は足が攣りまくった。
ここも一気に登る。若者に抜かれることもなく、鷹ノ巣山に着くと、秋晴れの空に、パッと目が行く雲海の富士。甲斐駒、北岳、南アルプス連山。
知らない山の数々。
 
下山は久しぶりに沢屋の早下りをやってみた。「お、未だいけるじゃないか。
捨てたもんじゃないね。」自画自賛しながら、次々にハイカーを追い抜いて行く。しかし、しかし1000m付近で、痛めた左膝裏が唸りだす。連られて右膝も痛み出す。顔を顰め、うんうん言いながらストック頼りで下山路を急ぐ。
3時前に奥多摩駅のいつもの蕎麦屋「おくちゃん」に下り着いた。
生ビール、せいろ、ソバガキで山の疲れを取り、帰りの電車は爆睡した。
山は短く楽しい、されど奥多摩は遠し・・・


スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top