FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

富士山山スキー 

長池です。富士山スキー報告です。
【日時】2007年5月12日(土)
【山域】富士山 【場所】富士山須走口山スキー
【コース】6:30須走口駐車場→7:25雪面末端→10:20、3,000m→13:30山頂13:40→15:30駐車場
【メンバー】CL菊池、鶴田、岡田、長池
【天候】晴れ
【内容】河口湖料金所から見上げると、新緑につつまれた山裾と、紺碧の空に伸び上がる純白の秀麗が目に沁み、感動を覚えるみごとな光景である。胸の鼓動がズンと高鳴る。
 閑散とした古御岳神社そばの駐車場から、板を背負って春陽のあたたかい火山灰の丘をザクザクと踏みしめて行く。湧き上がる期待と眼下に拡がる広大な平原の風景に、思わず1句、また1句。2300mで雪面が出る。アイゼンを履き、見上げると首が痛くなる広大な雪面を詰めていく。中腹にポツンと黒い人影がふたつ、後方から3人が追ってきて、他に単独者。この大きな雪面にわずか10人。3000mを越えると次第に傾斜が増し、時折硬い雪面が顔を出す。山頂の岩塊がすぐ近くに感じられるのに、いっこうにその距離が縮まらない。呼気が大きく荒くなる。頂稜近くなると吹き降ろす風が強く雪面が硬くなり、アイゼンを蹴り込まなくてはならない。ようやく山頂。風がつよい。火口の対岸に去年行った剣が峰が黒く見える。写真を撮るのもそこそこに、靴を締めいざ、滑降!
 雪が硬い。眼下に落ち込む急斜面に、最初の1ターンはビリっと緊張する。シャーっとザラメを切り裂く音が響く。すばらしい! が、10ターンほどでハーハーと胸苦しい。ノートラックの広大な雪面に思い思いのコース取りでグングン高度を落としていく。
もう随分滑ったなと高度計を見ると、まだ3000mの上だ。なんとでかい雪面だ。滑っても滑っても雪面が尽きないような感覚。皆、歓声を上げ、満面の笑みで雪上を踊り狂う。最高だ!
 もう、腹いっぱい「満足」を食べ尽くして火山灰台地に舞い降りた。河口湖にほど近い「紅富士」の湯船から、大きな富士の雄姿にもう一度満足感に浸って帰路についた。

スポンサーサイト

△page top

« 袈裟丸山
前穂北尾根 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/130-3827e35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。