FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

七面山◆写真 

山梨身延町・七面山 H250928-29

77旭日  [富士の旭日]

田中孝平です。
今回はかねてから山として深田久弥も登っている急登の山として知る人ぞ知る。
登山口から山頂まで1470mの高度差のある登山と私の集落に有る代々の菩提寺(檀家)の本山の一つである。
七面山の敬槇院の宿坊に泊り、家内安全と霊峰富士を拝みたく(写真を写したく)宗教的登山+アルピニズム的登山を兼ねて一度訪ねたいと思っていた山に行って来ました。
(けして信仰を語る物ではなく、また、そんな力は私には有りません。)
登山口から~敬槇院(1700m)までは整備された階段状の砂利道で、信者と登山者の大勢が登っていて、途中の宿坊や仏教遺跡でお経を唱える方が沢山居る中の登山となりました。
私は江戸時代から、この宗門の末寺菩提寺の信者家系に産まれて、宗門のお経は知らず知らずにリズムが耳に入っていたが、自分には心で言えても大声で唱える事は出来ないなーと未熟を思いながら登りました。
しかしながらやはり、そこは本山であり、霊山の為か?心が引き締まる思いが有りました。

敬槇院を過ぎると人はまばらで、登山道となり何時もの登山道となりました。
その上、静かな山の雰囲気が味わえました。
森林浴みたいに散策しながらのんびりと進み山頂を踏みました。
夜は寺院の宿坊にて精進料理とお勤めに参列し朝も質素な食事とお勤めを体験後に富士の旭日を拝み見て、帰宅の途に就くと言う変わった登山をしてきました。
尚:くれぐれも宗教的な事や宣伝・他の宗派を批判では有りません。
私にとっての今回の登山の感想を書いたものです。
(失礼が有れば、お許し下さいね。)


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top