FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川岳一ノ倉沢南稜◆写真 

熊倉です。
簡単ですが、雨に降られた南稜の報告をさせていただきます。

南稜テラスにて
 [南稜テラスにて]

【期間】2013年 6月29日
【山域】谷川岳
【天候】曇時々雨
【ルート】一ノ倉沢南稜
【登山方法】アルパインクライミング
【メンバー】CL:富樫 熊倉

【行程】
28日 夜 08:00出発⇒深夜11:30 谷川岳ロープウェイ駐車場(仮眠) 
29日 3:00 起床 ⇒ 3:30 出発 ⇒ 4:40 一ノ倉沢出合 5:00 出発 7:00テールリッジ ⇒8:30 南稜テラス ⇒ 9:40 馬の背 ⇒一ノ倉沢出合1:30 ⇒ 駐車場3:00

【内容】

水上の天気予報は雨50%。新潟側が晴予報なのを頼りに出発するも雪渓の上は真っ白な霧。
そのため、テールリッジの取り付き地点を通過して 違う岩へ取り付いてしまい1時間ほどロス。
その後霧は晴れ、7時無事テールリッジへ到着。
しかし前日の雨と霧で濡れている岩。ちょっと滑る。
南稜テラスへ向かう途中、ザーッと雨が降ってくる。急いで雨具を着ける。
中央稜取り付き地点で5人組パーティに会う。
今日の南稜はどうやら私たちと5人組パーティのみの様子。のんびり行くことにする。

久しぶりの南稜。
この時間になって日差しが少し出てきたものの、ところどころ濡れた岩場はやっぱり少し滑る。
3ピッチ登ったころ、また山には霧がかかり始め、今にも雨が落ちてきそうな気配。
富樫師匠と相談し、無理せず今日はここから懸垂下降して下山決定。
ゆるゆると下りて、途中の眺めのよいところでゆっくりランチタイムとし、午後1時過ぎ無事一ノ倉沢出合へ到着。

3ピッチしか登れなかったものの、霧の中に浮かび上がる衝立岩の姿や谷を滑り落ちる、ブロック雪崩の轟音。沢筋に咲くタニウツギの花を楽しむなど 一ノ倉沢を満喫し富樫師匠には物足りなかったかもしれないけれど(笑)…熊倉個人的には大満足。
やっぱり谷川岳はカッコよかった。

富樫師匠、今回もお付き合いくださり、ありがとうございました。
次に機会があれば 上まで行きたいかな(笑)


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。