FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

奥多摩・鷹ノ巣谷、カロー谷 

うわしげです。今回藤木さんのお誘いで船橋山の会の『沢オープニング』イベントに参加させていただきました。

【山域】奥多摩 【場所】鷹ノ巣谷、カロー谷
【日時】4月14日、15日 【メンバー】上茂 他10名
【ルート】14日 鷹ノ巣谷 駐車場9:30~鷹ノ巣山登山道橋渡り鷹ノ巣谷出合~沢遡行~二俣左入り、支尾根から鷹ノ巣山登山道合流13:30~頂上~稲村尾根下山~駐車場17:00
     15日 カロー谷 日原鍾乳洞駐車場7:50~小川谷林道ゲート~入渓8:10~下部のゴルジュ~石積堰堤9:30~大滝11:00~仕事道からハンギョウ尾根下山~駐車場12:30

計画では小川谷の滝谷と割谷の予定であったが、小川谷林道が落石で通行止めで入れないため急遽変更になった。
日原の駐車場で支度していると他に7,8名のパーティーがおり、鷹ノ巣谷に入るという。彼らは渓友塾の講習生だった。宗像さんの姿も見え、副講師らしき方は辻本さんと同期の方でした。鷹ノ巣谷は昨日の雨もあり水量も多い。岩は結構ぬめっていて滑りやすいが、皆良いペースでがんがん進む。途中のゴルジュ辺りで渓友塾を追い越す。20mの大滝ではロープ2本垂らしさっさと登る。金左小屋窪に入り詰めていくと二俣になり左に入る。尾根に出て登って行き笹薮ほんのちょっとで登山道に出る。稲村尾根を下っていると渓友塾の人たちがすごい勢いで追い越していった。夜の宴は人気のない川沿いで炭をおこし、焚き火を囲み大宴会だった。ふなやまに沢仙人と呼ばれている達人がいるのですが、去年は36本沢下降も含め登ったそうだ。20本以上の人も多く、目標は100名谷という人や、酒を飲みながら沢の話で大いに盛り上がりました。
2日目も寝不足気味でしたが、いつ寝たのかわからないという仙人もカロー谷は楽だからさっと登って温泉に直行しようと軽い気持ちで出発。小川谷林道10分ほどでゲートにあたり、右の細い道を降りるとカロー谷出合。釜を持った滝が続きへつりのいい練習になる。樋状のナメ滝はツッパリで越える。酔い覚ましと仙人が釜で泳ぐ。次々に釜と小滝が現れ意外と登りがいがあり、それほど簡単な沢でもない印象。石積堰堤から上は急に易しくなり、小道も現れる。突然30m位の大滝が立ちふさがり高巻きも出来そうにないので、ちょっと戻って小道をどんどん登っていくと方向が違ってきたように思えたので、たまたま通りかかった人に伺ったところこれはハンギョウ尾根に続く道で最終的にはカロー谷出合に下りるというので、もうそのまま下りようという声が多数だったので下山した。よかった。しかし仙人もかなりの二日酔いだったようだが、沢を詰め上げて一杯水からヨコスズ尾根を下りるつもりでいたのだから怖い。帰りはもえぎの湯で汗を流し解散。--
----------------------------------------------
スポンサーサイト

△page top

« 世附川・水ノ木沢
神楽・雁ヶ峰 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/123-8a77a93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。