FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

神楽・雁ヶ峰 

長池です。神楽ケ峰山行報告です。

【日時】2007年4月15日(日)
【山域】上越 【場所】神楽ケ峰山スキー
【コース】
雁ケ峰周回:8:30リフトトップ→9:39稜線→10:30霧の塔→11:37雁ケ峰→12:55ゲレンデ
神楽東尾根:13:40リフトトップ→14:25神楽峰稜線→15:12ゲレンデ
【メンバー】CL菊池、石橋、長池
【天候】晴れ
【内容】谷川・巻機、遠くには越後三山。何と気持ちの良い眺めだろう。リフト終点から中の芝をトラバースし第五リフト中間を潜って沢状凹地をダイレクトに稜線に詰め上げる。この時期、最効率の登高ルートだ。シールのまま凹凸の激しい尾根を北西に向かう。2010m峰は、東面に急峻な雪面を落とし雪崩の警戒が必要だ。この稜線を直登しさらに霧の塔に足を延ばす。霧の塔北東の絶好のザラメ斜面を飛ばす。快適最上級だ。
 黒岩平の底から右にトラバースし本来ルートの高石尾根に乗る。雪庇上の堰堤を長駆し雁ケ峰へ。そして潅木の濃くなった支尾根を降り、最後は薮を漕ぎながらゲレンデに戻る。
 次は第五リフトトップから、一転南西に向い上の芝を直登、神楽峰稜線にシールアップ。薄いガスが這い登るなかを東尾根から田代へダウンヒルだ。大反射板から一気に田代に落ち込む大斜面がある。以前、純白パウダーに歓声をあげたところだが、今はやや重ザラメだ。ここをドカンドカンと下ると最後の急崖をズリズリと横滑り、危うげに口を開けた沢壁をへつってゲレンデに戻る。
 今日は、純白ザラメ、薮漕ぎ、急崖下りと山岳スキーの醍醐味満喫だった。今日のような絶好ザラメだと、次週の至仏は快適200%だ。GOGOー!
スポンサーサイト

△page top

« 奥多摩・鷹ノ巣谷、カロー谷
坪山、達沢山 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/121-65849796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。