FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

槍ヶ岳 

 GW後半の連休に槍ヶ岳に行って来ました。
 遅くなりましたが、報告します。


【山行日】 5月3、4、5日
【山行者】 cl高梨、sl横山、辻本、大塚、神山、萱野、白川、椎名(記録)
【山域】  北アルプス南部
【ルート】  槍ヶ岳
【天候】 晴れ、2日目曇り雪
【行程】 5月2日幕張本郷21;00~沢渡2;00仮眠
 3日沢渡7;00~明神7:40~徳沢9;00~横尾10;05~槍沢11;20~ババ平13;10
4日ババ平7;00~槍ヶ岳山荘11;30~槍ヶ岳12;40~ババ平16:50
5日ババ平7;00~横尾9;00~上高地12;30~沢渡13;00

 
前日の夜に出て、沢渡で車中仮眠をとりいざ出発。
何処へ行くのか分からないが、巨大ザックの登山者でタクシー乗り場が混雑.してきた。
上高地には、依然観光で来てこんなキレイなところがあるなんてと思っていたが、まさか自分がこんな高い山に登るとは思ってもいなかった・・
 
河童橋は、特に観光客で賑わっている。
歩き始めの遊歩道は、観光客が散歩をしたりカメラに収めたりと人出が多くすれ違う。
ふきのとうが目につき、夜のおかずにとみんなで取りはじめた。
 
明神、徳沢、横尾と約1時間おきに休憩ポイントがあり、砂利道の林道をひたすら歩く。
徐々に所々、凍結箇所があるが問題なく通過する。
明神~徳沢間は、サルが多く至近距離でも人慣れしていて動じない。赤ちゃんザルは、かわいい^^
横尾に着くと色とりどりのテントが晴天に映えてとてもきれい。
横尾大橋には、鯉登りがおよいでいて子供の日だと気が付く。
ここからは、多少勾配が出てきて残雪も見え夏道は通れず川沿いの道を歩いていく。
樹林帯から、槍の穂先が見え嬉しくなる・・
沢つたいを歩き、水が本当にキレイで感動する。
一ノ俣、二ノ俣‥ 残雪がかなり目立つようになり、ロッジ近くにつれて土が見えなくなる。
雪質は、柔らかくアイゼンなしで進む。
 
GW前半は、大量の降雪の為に入山規制があったそうで槍沢は雪崩が激しかったそうです。
荷物の重みが大分負担になり、やっとロッジにたどり着く。
冷たい水を頂き、しばし休憩‥ 
 
槍沢ロッジからババ平の登りがきつく、プラティパスの水2リットル増えた分荷物が重い。
ババ平に着きすぐに、テント設営し宴会を始める。山菜やら馬刺し、生ハムなどでワインがすすむ。

翌日、ババ平からはテントに荷物を置いてザックの中身を軽くして行くのでそれ程きつくない。
大曲。同じ道を登山者、スキーヤーやボーダーが一心不乱に登っていて何かの巡礼のようだ。
私達は、踏まれた道を歩いているからまだいいのかもしれないが、歩けど歩けど近づかず雪がちらつき始める。
もう、すでに槍の山頂を登っているのが見えるが、歩いても歩いても景色は変わらず‥
山頂付近は、急登になっていてゆっくり、休み休み登って行く。
一列縦隊で上を目指していると、雪と強風が吹きつける。雲の動きが慌ただしくなってガスが発生し、景色がなく吹雪いるのか穂先どころか小屋がうっすら見えるくらい。
体力を消耗し、ようやく急登を登りきり槍ヶ岳山荘に到着。
 
天候も悪いので、早々に支度をして登り始める。
天気のせいか、登らない登山者もいたようですれ違う人も少ない。
雪が張り付いているので、岩にアイゼンの爪を引っ掛けたり、ピッケルを打ち込んで確保するかつかめる岩場を見つけてつかんだりしてすすでいく。ハシゴ、鎖は凍結してない。
山頂に着き写真をとり、下山。ロープで確保しながら降りていく、寒さで身体が震える。
下りも岩場の足元をしっかり確認して慎重に進む。
 
山荘に着くとkさんが待っててくれて、Tさんと全員で下山。
下りは、足がづぼづぼはまるような状態で尻セードも滑らず‥
歩き方を教わりながら、降りて行く。
 
17時前には、テントに戻りその日の宴会も盛り上がった??
 
3日目快晴、昨日の天気はなんだったんだろう。
槍沢付近までアイゼンを付け歩き、下っていく。
帰りの荷物は軽いはずだが、疲れもあり重く感じ横尾からの3時間は長かった。
 
帰り道市道には、桜や芝桜、チュウリップなど沢山のお花が疲れを癒してくれている。
こちらでは、まだ桜があちこちに見れていっきに春に戻った感じです。
 
3日分の汗を流し、美味しい蕎麦も食べ渋滞覚悟で帰路にむかう。
今回残雪期?の槍に登り、色々と教わり充実した3日間でした。
参加した皆さん、お世話になり有難う御座いました。



スポンサーサイト
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。